2003年08月31日

キャンベル辞任の後。

Independentだけしか見ていませんが,記事いろいろ。

キャンベル辞任についてはこれ続きを読む
posted by nofrills at 22:45| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

anti-war/pro-war

ブレア政権の情報操作疑惑を表ざたにしたのは,言うまでもなく,ドクター・ケリーの死である。

ドクター・ケリーという人は,生物兵器の専門家で,98年に中断する前の対イラク査察でイラクに行っている。日本でも一部メディアで伝えられたドクター・ケリーの見解は,開戦には慎重という感じだった。記憶違いかもしれないけれど,pro-warという印象は受けなかった。

しかし,実はそうではなかったかもしれない。

今週のObserver(Guardian日曜)にドクター・ケリーが匿名で書いたという論文が掲載された。サダム・フセインを政権から追放すること(regime change)によってしかイラクは武装解除させられないという主張である。
http://observer.guardian.co.uk/politics/story/0,6903,1032773,00.html続きを読む
posted by nofrills at 21:53| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「小さな政府」論。

本当にこれは労働党政権なんだろうかという記事がまたひとつ。
UK 'to rein in public spending'
http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/3195351.stm続きを読む
posted by nofrills at 21:37| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「様」ニュース?のお時間です。

「様」は初ゴールも決められたようで何よりです。って別にファンじゃないですけど。

ところでレアル・マドリッドにおけるイングランド人という意味で「様」の先輩であったマクマナマンさんが,レアルからマンチェスター・シティに移籍だそうです。
Mirrorの記事
BBCの記事続きを読む
posted by nofrills at 00:35| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年08月30日

たまにはSpectatorも読んでみる。

Spectatorというのは1828年から続く保守派の言論誌(週刊)。
興味深かった記事2件。
8月30日のLeave it to America
8月23日のThose who opposed the war must not allow themselves to hope that things go wrong

↑のどちらも「興味深い」と思いはしましたが,共感はできませんでした。
posted by nofrills at 22:04| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハットン・インクワイアリーの件は明日以降。

昨日やりかけで止まっているハットン・インクワイアリーでのブレア証言の件は,明日以降に続けるつもりです。いろいろと消化不良で。

前記事はこちら。
posted by nofrills at 21:37| todays_news_from_uk/about_Blair | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何か映画みたい〜。

各国首脳のシェフによる The Club des Chefs des Chefs d'Etat についての記事。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/3191091.stm続きを読む
posted by nofrills at 21:25| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。