2003年10月12日

「マニフェスト」。

今度の衆議院選挙で注目される「マニフェスト」,英語(っていうか元々はイタリア語)ではmanifestoと書きます。おそらく最も有名なのは,マルクスとエンゲルスによるThe Communist Manifestoでしょう。(←『共産党宣言』という日本語になってます。)

これを政党の「政策綱領」の意味で用いるのは,英国からの輸入のようです。いや,おそらくブレア政権の誕生(1997年)における労働党のマニフェストの役割が注目され,日本の政党のブレーンが「いただきぃ」と考えたのかもしれません。続きを読む
posted by nofrills at 14:30| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「抵抗勢力」出現。

小泉内閣でいきなり使われるようになった「抵抗勢力」という専門用語(?)が実はプロパガンダ(政治的宣伝)だということがイヤミなほどにはっきり見えている今日この頃ですが,英国保守党でも「抵抗勢力」が活動中なようです。

Tory MPs face written warnings
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/3182786.stm続きを読む
posted by nofrills at 14:22| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュールレアリスム翻訳。

やはり「訳語の選択」と「修飾語のかかり方」が難しいようです。

シュールレアリストによる翻訳:
彼女の衣服上の可能な盲腸炎を持った女性を診察した後、Samir博士は続きを読む
posted by nofrills at 14:00| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄道の線路整備問題。

9月にあった,"several feet" of rail were missingが原因で発生した脱線事故(過去記事)や,昨年のポターズ・バーでのひどい事故(関連する過去記事)に責任を負う整備作業担当のJarvis社が,鉄道の線路整備から撤退することになったそうです。

Jarvis quits rail maintenance
http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/3179640.stm続きを読む
posted by nofrills at 13:38| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。