2003年12月28日

わけわからんけど記事だけ。

Bremer 'rejects' Blair WMD claims
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/3351915.stm

もう個人的にはほとんど関心がないんですが,記事を見かけたので一応。

軍隊向けのクリスマス・メッセージでブレアが「ある」と述べたイラクの大量破壊兵器工場について,ブレマー(CPA)が「ない」と述べたらしいです。っていうか記事を読んでも何が何なのか話が全然わからない。私が疲れているせいだと思います。続きを読む
posted by nofrills at 23:53| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月26日

空自先遣隊出発を伝える記事。

調べものでアラブのニュースサイトを見ていたので,ついでにキャプってみました。ものすごくものすごく気が重いです。

ab.png

↑で赤くなっている文字列をクリックすると出てくる記事が↓。
http://www.albawaba.com/headlines/TheNews.php3?
action=story&sid=266507&lang=e&dir=news
続きを読む
posted by nofrills at 21:32| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地名メモ〜翻訳P

調べもののメモです。続きを読む
posted by nofrills at 16:24| 完了_special | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メモ〜海外/外国,民主主義,超大国|アフガン,イラク,ユーゴ

They've got the responsibility of millions of dead
--Crass, Major General Despair


読んだものをとりあえずメモしておきます。

ペシャワール会サイトより:(引用箇所はすべて中村哲さんの文章)
明日27日の「ウェーク・アップ」(NTV系列)に中村哲さんがご出演予定。
「潜入!アフガン・イラクの今…日本人は”敵”か?」
放送日 2003年12月27日(土)朝8時〜9時30分

アフガン復興 軍とセットの援助に反発
http://www1m.mesh.ne.jp/~peshawar/nakamura22nov03.html

国際正義という暴力
http://www1m.mesh.ne.jp/~peshawar/pew_oka9.html
ちょっと引用:
現地住民が反発するのは、そもそも復興援助が軍事介入と不分離で、民意をくまぬ支援が外国人を満足させるアイデアで行われるからだ。

-------------------------------------
トラックバック:
正義の人殺しのつもりか!〜CNNより(tomozouさんの「暴言天衣無縫.part2」,12月26日)続きを読む
posted by nofrills at 07:50| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【業務連絡】スケジュールがずれています〜翻訳P

翻訳Pについて:12月17日のエントリ
翻訳したファイルの置き場とご検討結果投稿場所:専用掲示板

作業開始から10日となりますが,スケジュールが若干遅れております。

仕事が,年明けすぐに締め切りのスケジュールになってしまい,それもかなり作業量が予想より多めであることが今更ながらはっきりしました。仕事と翻訳を並行して進めてはいますが,どっちも頭しか使わないのでそろそろ頭が動かなくなりつつあります。

というわけで,ちょっと休み休みになることをお許しください。スケジュールをちゃんと数字で仕切り直す余裕もないことは本当に申し訳ないです。続きを読む
posted by nofrills at 00:45| 完了_special | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月25日

あら,こんなところに「日本」が。

英語を読む方も読まない方も,とりあえず写真だけ見てください。BBCの記事です。

US races to find 'mad cow' source
http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/3347513.stm続きを読む
posted by nofrills at 23:25| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「テロの温床」。

私が知らないだけかもしれないが,一般的に「テロの温床」と言うときに,それが英国の一部を指しているものを見た記憶がない。(たまたま私が知らないだけかもしれないし,見たのを忘れているだけかもしれない。)

BNP could be behind brutal racist attacks in Belfast
http://politics.guardian.co.uk/farright/story/
0,11375,1112056,00.html


Pregnant women assaulted in racist attacks in Belfast
http://news.independent.co.uk/uk/ulster/story.jsp?story=475413

※記事をどちらか1つだけ読むとしたら,5W1HはIndependent記事が,背景解説はGuardian記事がよいと思います。続きを読む
posted by nofrills at 23:04| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3時間で物事を深く知ることのできる人。

ある人がある場所を初めて訪れておよそ3時間滞在した後に「当初は危険と思っていたが、決してそういうことはなかった」と語り,『その地域は危険ではない』ということになっちゃったそうです。

えーっと……何でもいいんですけどね……例えば私がアン王女のお犬様(殺犬事件の犯犬)のお相手をしたとしましょう。3時間仲良く過ごすんです。私はそのお犬様がほかのお犬様を殺害あそばされたことを知っているので,それなりに距離を取りつつ。で,「このお犬様は私に噛みつきませんでした」と後で語る。それが『このお犬様は人に噛みつかない』ことになる。

他人の話なんてまぁたいがいそんなものですけどね。「私はおいしいと思ったよ」なら情報に接する人はたいがいはどの程度アテになる話なのかは折り込み済みだし「自分はおいしいと思わなかった」場合には「感覚が違うんだな」で終わると思うんですけど,「私は大丈夫だったよ」と語るのがキーパーソンであった場合に「私は」がトルツメになって「大丈夫だったよ」が一般化されちゃうのはそーはいかんざきだと思うんですけど……。

以下,転送です。続きを読む
posted by nofrills at 03:04| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王室お犬様殺害事件。

英国王室で殺犬事件が発生した模様です。現場からお伝えします。

Anne's dog kills Queen's corgi
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/3345585.stm続きを読む
posted by nofrills at 02:20| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月23日

J. S. Mill; I am not aware that any community has a right to force another to be civilized.

A recent writer, in some respects of considerable merit, proposes (to use his own words) not a crusade, but a civilizade, against this polygamous community, to put an end to what seems to him a retrograde step in civilization. It also appears so to me, but I am not aware that any community has a right to force another to be civilized. So long as the sufferers by the bad law do not invoke assistance from other communities, I cannot admit that persons entirely unconnected with them ought to step in and require that a condition of things with which all who are directly interested appear to be satisfied, should be put an end to because it is a scandal to persons some thousands of miles distant, who have no part or concern in it.

--John Stuart Mill, On Libery, 1869
J.S.ミル,『自由論』,1869年(初版は1859年)
続きを読む
posted by nofrills at 00:27| quote | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。