2003年12月19日

連絡先など関連リンクまとめ〜翻訳P

みなさまから寄せられたマスコミなどの投稿先,署名先をまとめておきます。お品書きは下の通り。「続きを読む」で閲覧してください。

■マスコミ(テレビ)■マスコミ(通信社&新聞)■署名■ジャーナリスト■その他■

※リストに入っていない連絡先などご存知の方は,コメントに入れてください。よろしくお願いします。続きを読む
posted by nofrills at 11:00| 完了_special | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月18日

「なぜ」についての話〜『二本山の兄弟犬』翻訳P

【翻訳プロジェクトの説明&連絡用ページはこちら】(右側の「最近のエントリ」では2ページ目に回ってしまいました。)

翻訳プロジェクトの方が実務段階に入っているので――っていうか基本的には私が勝手に(著者の意思を確認した上で)やってるんだけど――,集中して一気にやってしまいたい(仕事との兼ね合いもあるので)ところですが,ちょっと脱線します。

「なぜ」の説明ができてないのでそれをします。ついでに「誰が」も説明します。英文チェックなどをしてくださろうという方々へ向けて。

1行で書けば,「私が伝えたいのは,DoXさんのことばです」ということです。長くかいたものは続きをお読みください。続きを読む
posted by nofrills at 09:52| 完了_special | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「様?」ニュースのお時間です。

※投稿時間を操作してあります。本当の投稿時間は21:10ごろです。

久しぶりにくだらないのいっときましょー……
this is londonより,今週のギャラリー

「様」ではありません。「様?」です。

なお「様」が何の暗号なのかわからない場合は,とりあえずクリックしていただければおわかりになるかと思います。(画像を表示させるようにしてください。)
posted by nofrills at 09:45| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイアナの死の真相究明特別調査決定〜来月。

※翻訳プロジェクト優先モードで一番上にくる記事を調整したいため,投稿時間を操作します。本当の投稿時間は21:00ごろです。

Diana to get inquest
18 December 2003
http://www.thisislondon.co.uk/news/articles/8221963

午後8時すぎに届いたメール速報より。1月6日にinquestが開かれるそうです。続きを読む
posted by nofrills at 09:40| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輸血によるCJD感染,英国初の死者か。

First UK death after 'CJD transfusion'
http://www.guardian.co.uk/bse/article/0,2763,1108862,00.html

【概略】
96年に輸血を受けた男性が,それまで一切の兆候を示していなかったクロイツフェルト・ヤコブ病を発症し(いつ発症したのかは書かれていない),今年死亡したことが英国会で明らかになった。輸血とCJDとの関連は証明されていないが,もし関連しているとすれば世界初のケースとなる。しかし,献血した人と輸血された人のそれぞれがまったく別に,BSE感染牛の肉やウシ由来食品を食べてCJDにかかった可能性もある。続きを読む
posted by nofrills at 09:32| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日本国内閣総理大臣への公開書簡】

■トラックバック
ハブ:【バーチャル平和の鎖】和の国の里長・小泉純一郎様あて公開書簡のトラックバック係留所
※「マスコミ」は結果であると私は位置付けますが,はなゆーさんの計画に私は参加します。
スポーク:日本国内閣総理大臣への公開書簡(ちぇしゃさん,12月19日)

※以下はこれまでの私の考えをそれなりにまとめたものです。election_2003というカテゴリを見ると,何だかんだ書いたものが出てくると思います。
----------------------------------------------------
本文から一部抜粋:

論法としての詭弁は手段のひとつですが,insincerityゆえの詭弁は「嘘」です。嘘に嘘を重ねた結果が,国民の政治的無関心と低投票率であるとすれば,あなたが「民主政治democracy」と呼んでいるものは,「民主政治」のふりをした何か――「形式的投票制」とでも名付けたいですね――に過ぎません。続きを読む
posted by nofrills at 09:22| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロンドン地下鉄「名物」のお知らせ〜。

クリスマスイヴと大晦日にtravel chaosになりそうです。渡英ご予定の方,ご注意。

Christmas Tube strike dates set
http://www.thisislondon.co.uk/news/articles/8207103
Drivers on the Hammersmith & City and Circle lines will walk out for 24 hours on Christmas Eve and again on New Year's Eve.


※翻訳プロジェクト臨時モードですが,この記事は一番上に持ってこないと意味が薄れるので一番上に来るようにしてあります。
posted by nofrills at 00:59| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月17日

昭和17年の政治的な嘘――「米英的思想の影響など受けたことは、皆無」

引用:

 米英的思想の排撃ということが、盛んに叫ばれているが、およそ文学に関する限り、昔から米英的思想の影響など受けたことは、皆無といってよいのである。日本の文壇は、昔から米英嫌いである。嫌いであるというより、米国や英国の文学を認めていないのである。


日本の文壇は、最も多くトルストイ、ドストエフスキー、チェホフなどロシア文学の影響を受けた。文壇が、過去において、最も早く左傾したのも、実にそのためである。


それについでは、北欧文学やフランス文学の影響を受けた。英文学などは、現代の日本文学にほとんど何の交渉もないといっていいくらいてある。バーナード・ショーなどは、相当日本にも紹介され、自分なども愛読したが、彼は自らアイルランド人であると称し、その文学は反英国的である。


米国の文学などは、その水準において、世界の二流文学である。


出典:菊池寛,『話の屑籠』,昭和17年7月続きを読む
posted by nofrills at 02:06| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読んだ記事のメモ。

※翻訳プロジェクト優先モードで最新記事を一番上に出さないようにしています。本当の投稿日時は17日ではなく18日です。

読んだ記事のメモ。
*「対テロ戦争」では重要事項,チェチェンについて,ガーディアン14日
Chechnya's secret slaughter
http://www.guardian.co.uk/chechnya/Story/
0,2763,1106704,00.html


*ピルジャー記事によく出てくるレイ・マクガヴァン(元CIA)のインタビュー,The Atlanta Journal Constitution -> truthout.org,7日記事
Ray McGovern, Former CIA Analyst: 'We're Trying to Spread a Little Truth'
http://truthout.org/docs_03/121503E.shtml

以後追加するかも……
posted by nofrills at 00:49| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「戦地イラクへの自衛隊派兵に反対する緊急署名」

次のようなメールが来ました。緊急署名の要請です。
転送・転載歓迎とのことですので,転載します。(少し編集します。)

*****以下転載******************
《要旨》
「戦地イラクへの自衛隊派兵に反対する緊急署名」にご協力下さい

詳しくは、HPをご覧下さい。
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/signature5/callfor.htm続きを読む
posted by nofrills at 00:24| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。