2003年12月17日

昭和17年の政治的な嘘――「米英的思想の影響など受けたことは、皆無」

引用:

 米英的思想の排撃ということが、盛んに叫ばれているが、およそ文学に関する限り、昔から米英的思想の影響など受けたことは、皆無といってよいのである。日本の文壇は、昔から米英嫌いである。嫌いであるというより、米国や英国の文学を認めていないのである。


日本の文壇は、最も多くトルストイ、ドストエフスキー、チェホフなどロシア文学の影響を受けた。文壇が、過去において、最も早く左傾したのも、実にそのためである。


それについでは、北欧文学やフランス文学の影響を受けた。英文学などは、現代の日本文学にほとんど何の交渉もないといっていいくらいてある。バーナード・ショーなどは、相当日本にも紹介され、自分なども愛読したが、彼は自らアイルランド人であると称し、その文学は反英国的である。


米国の文学などは、その水準において、世界の二流文学である。


出典:菊池寛,『話の屑籠』,昭和17年7月続きを読む
posted by nofrills at 02:06| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読んだ記事のメモ。

※翻訳プロジェクト優先モードで最新記事を一番上に出さないようにしています。本当の投稿日時は17日ではなく18日です。

読んだ記事のメモ。
*「対テロ戦争」では重要事項,チェチェンについて,ガーディアン14日
Chechnya's secret slaughter
http://www.guardian.co.uk/chechnya/Story/
0,2763,1106704,00.html


*ピルジャー記事によく出てくるレイ・マクガヴァン(元CIA)のインタビュー,The Atlanta Journal Constitution -> truthout.org,7日記事
Ray McGovern, Former CIA Analyst: 'We're Trying to Spread a Little Truth'
http://truthout.org/docs_03/121503E.shtml

以後追加するかも……
posted by nofrills at 00:49| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「戦地イラクへの自衛隊派兵に反対する緊急署名」

次のようなメールが来ました。緊急署名の要請です。
転送・転載歓迎とのことですので,転載します。(少し編集します。)

*****以下転載******************
《要旨》
「戦地イラクへの自衛隊派兵に反対する緊急署名」にご協力下さい

詳しくは、HPをご覧下さい。
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/signature5/callfor.htm続きを読む
posted by nofrills at 00:24| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。