2004年09月09日

輸血による新型クロイツフェルトヤコブ病について,英国で調査報告。

過去記事(2003年12月18日)で「輸血による初のvCJD感染か」というニュースのことに触れたんですが,続報をアンテナが捕捉しました。

Transfusion patients in vCJD alert
http://society.guardian.co.uk/publichealth/story/
0,11098,1300896,00.html

Thursday September 9, 2004

ちょっとまだ読める状況ではないので私も後で読みます。ともあれ,「可能性を完全に否定することはできない」という段階のようです。
posted by nofrills at 22:22| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラン・ミルバーン復帰かよ。

英国内閣改造ネタ。きっかけはAndrew Smithの辞任だったの?(ニュース追ってない。)

New Cabinet meets after reshuffle
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/3639882.stm

ブレアライトのアラン・ミルバーンがChancellor of the Duchy of Lancaster(←これ何〜?ランカスター領のチャンセラーって肩書きで何すんの〜?)で選挙対策担当になったらしい。

ミルバーンについて:
Milburn agrees election role as Blair faces down Brown
http://news.independent.co.uk/uk/politics/story.jsp?story=559698

一方保守党ではこんな動き。
Gay Conservative triumphs in bitter deselection vote
http://news.independent.co.uk/uk/politics/story.jsp?story=559721
ゲイであることを公表している保守党の候補者を候補として認めないという保守党での投票で,賛成票が少なかった,という話。セクシャル・オリエンテーションは政治的なものではないので,同性指向の保守党員ももちろんいる。しかし,この投票は保守党内にはやっぱりホモフォビアがあるということを示している,というのが記事のあらすじか。続きを読む
posted by nofrills at 15:06| todays_news_from_uk/about_Blair | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア人人道支援活動家解放呼びかけの署名

バグダードで,「バグダードへの橋(Un Ponter Per Baghdad)」というイタリアの人道支援NGOのイタリア人2人とイラク人2人が何者かによって拉致されています。

彼らの解放を求めるアピールが,Occupation Watchに上がっています。
http://www.occupationwatch.org/article.php?id=6686

free-our-friends@focusweb.org にメールを送ると署名できます。続きを読む
posted by nofrills at 14:56| voices_from_iraq | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。