2004年10月16日

英国政界・ゴシップ風味。

1)ボリス・ジョンソン(保守党)も謝罪。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/3748504.stm
ケネス・ビグリーさんについてthe Spectatorに書いたコラムに「(ビグリーさんの出身地である)リヴァプールの悲しみはいかにも大きすぎる」とか書いてしまったのだという。本人は「感情に飲みこまれると危険だという主旨だった」と弁明。元の記事を読んでみたい気もしなくもない。

2)「カトリックにはなりません」とブレア
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/3746398.stm
↑非常にムカツク写真があるので(BBCは絶対に悪意があると私は思う)注意してください。
ブレア夫妻は夫が熱心なアングリカン,妻がカトリックです。子供たちは全員カトリック。続きを読む
posted by nofrills at 10:12| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ごめんなさい」を言う人たち。

【問】14日の英国の新聞記事で,次の3つに共通していたものを答えなさい。
1) IRA
2) トニー・ブレア
3) 「様」続きを読む
posted by nofrills at 09:49| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「人間」であること。

13日のエントリでトピックにした,1984年のブライトン爆弾事件で殺された人物の娘であるジョー・ベリーさん(JB)と,爆弾を設置した当人であるパット・マッギー(PM)さんのインタビュー。ガーディアンより。

Twenty years after the Brighton bomb
http://www.guardian.co.uk/g2/story/0,,1325824,00.html
JB: It is not easy, for either of us. I think we both have been courageous to meet and that courage has carried on. I am not an easy option for Pat. When Pat talks about the other choices not being there, not just in Ireland but around the world, that helps me understand why people resort to violence. It makes my passion stronger to find other choices. That is what this is about. Nothing is going to bring my dad back. Caring for Pat makes it easier to get some of my humanity back.
_
PM: The big lesson is that if you see people as human beings, how can you possibly hurt them? Then you think of all the barriers to that simple relationship occurring - political, social, economic. When people are marginalised or excluded they are left only with their anger. So do everything to remove the blocks and let people be human with each other. That's the lesson from my meeting Jo.


日本語は「続きを読む」で。続きを読む
posted by nofrills at 09:15| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。