2004年10月28日

御犬様乱入。

えーこくではなくアイルランド発のニュースだけど:
Canine pitch invader back at home
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/
3960261.stm


あーた,ほんっとにたのしそーね。続きを読む
posted by nofrills at 14:21| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「旅行」の意味は?

さて,「旅行」であったという前提で書いたものに続けて,別なことを書く。

というのは,イラクが観光旅行ができる状況ではないということは,特に熱心にニュースをチェックしていなくても,充分わかるだろうからだ。

今この時期にイラクに「旅行」というのが,「理解に苦しむ」「無茶なこと」であるのはまさにその通り。

だが,というか,だからこそ,「旅行だった」という情報を受け取った側で,「だから最近の若い者は……」みたいな(←ちょっと違うか)方向に行くか,「ほんとに旅行だったのか?」という方向に行くか,というのはある。

日本国政府は今のところ前者の方向のようだが,国のトップがそんな思考回路だとしたら,ちょっと恐ろしいぞ。

というわけで,「旅行」という表現は,これは何だろうね,今回の場合。英語から日本語に訳されたものなら「travelを『旅行』と訳したんだろうな」と思われる場合もあるのだが,今回は最初から日本語だし……。

誰が「旅行」って言ってたんだっけか?と思って改めて調べてみると,出てくる記事はまずは外務大臣――「なぜそういう旅行をしたのか理解に苦しむ」とコメント。これは,「そういう旅行」という以上は,何らかの文脈がある発言だ。それから,アンマンで会った映画監督さん――「『今からイラクに行く』と言うのでジャーナリストかと思ったら旅行者だった」と話す。「旅行者」というのはこの映画監督さんの〈判断・結論〉であるようにも読める。

これらからは,「旅行」という表現をご本人が自分を語るために使っていたのかどうかは定かではない。続きを読む
posted by nofrills at 07:30| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

blogspotにアクセスできなかった日。

***.blogspot.comにまったくアクセスできません。数時間待ってみたのですが,ダメです。なのでRaedのウェブログもKhalidのもMajidのもFaizaのも,Salam PaxのもRiverbendのも,南部のお医者さんたちのも,あと,自分がやってるRaedの日本語化も,今日は閲覧ができませんでした。

そろそろ回復してるかもしれないけど,眠いので寝ます。

にしても,こんなの初めてだなあ。データ無事かなあ。
posted by nofrills at 02:19| 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「旅行」が不可能であること。

仮に私が今日バグダードのメル友に「来月そっちに遊びに行くね」とメールをしたら,「来るな」と言われるだろう。

まずは拉致拘束されている人の無事を祈る。テレビや新聞が報じているように「旅行目的」でイラクに行ったのだとすれば,その判断は非常に疑問だけれど,それでもなおかつ,無事を祈るほかはない。(それは,先日殺害されたビグリーさんが拉致されたときに感じた気持ちと,ほんの少しだけだけれど,重なっている部分もある。CAREのマーガレット・ハッサンさんをはじめとする方々の拉致に対する気持ちとは,別次元にある。)

今日の夕方にBBC記事を読んだけれど,Yahoo JAPANトピックスでわかる以上の情報はなかった。

日本語で読める記事には「イラクを見たい」「旅行する」と話していたということが書かれている。また,夜のニュースでは,「行けば何とかなる」と言っていた,とも。ヨルダンのホテルの人も,ヨルダンでご本人と会った映画監督の方(日本人)も,「危険だから」と制止したという。

ふと,自分のやってきたこと――個人としてほそぼそと小さなことをしてきただけであるが――は何だったんだろう,と思う。続きを読む
posted by nofrills at 02:08| voices_from_iraq | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。