2005年02月17日

京都議定書発効の日(2月16日)。

レバノンでこないだまで首相だった人が爆弾で暗殺され,その件でレバノンの隣国であるシリアに圧力がかけられつつあり(←Paul Reynolds記事),米軍の無人偵察機がイランの上空にというニュースがある中,イランはシリアを支持すると述べ,一方でパレスチナとイスラエルは“和平への第一歩を踏み出し”,さらにもう一方で“選挙”が終わったイラクは特に変化なしのようでトップニュースから消えているけれども,そういう中で,京都議定書が7年かけてやっと発効しました。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/
4267245.stm
続きを読む
posted by nofrills at 01:09| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

Google Answers

しばらく前に気づいたのだが,英語のGoogleで,Google Answersというのが始まっている。

こういった,"Ask なんとか"系サービスは何年か前からあったような気がする。というか,日本での「人力検索はてな」や「Yahoo知恵袋」とか「OK web」みたいなもの。続きを読む
posted by nofrills at 20:28| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ずっこけ分詞構文の実例か?

「ずっこけ分詞」というのは,江川泰一郎『英文法解説』のp.347に記載されているのだが,分詞構文で「分詞の意味上の主語と文の主語が一致していない」もののことである。

これは「文法的には誤りとされている」が「実際には時おり使われる」。続きを読む
posted by nofrills at 19:54| 英語/実例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

「政治的に利用」。

ドイツのネオナチがドレスデン空襲を「政治的に利用」してるらしい。The Times Onlineより。

Neo-Nazis hijack Dresden's vigil
Right-wing protests on 60th anniversary of the Allied bombing raids cast a pall on commemoration
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,3-1483455,00.html

上記の記事は写真つき。ネオナチ研究者必見か?

#「政治的に利用」といえば,先日来,英国で与党労働党がそのほかの政党の人の言うことにいちいち「政治的に利用」「プレゼンスを高めたいのだろう」などと難癖をつけていたなあ。。。続きを読む
posted by nofrills at 00:49| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

絵本作家エリック・カールのインタビュー記事

The Very Hungry Caterpillarはらぺこあおむしで知られる,絵本作家のエリック・カールのインタビューが,インディペンデントに掲載されている。
http://enjoyment.independent.co.uk/books/interviews/story.jsp?story=609784続きを読む
posted by nofrills at 19:38| 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アダムズ激怒の発言。

ベルファスト・テレグラフなんですが,
Adams: Go ahead and arrest me
Furious SF leader rounds on Ahern as monitors tie party to bank raid
11 February 2005
http://www.belfasttelegraph.co.uk/news/story.jsp?story=609959
Mr Adams declared: "I feel a particular sense of betrayal by the Taoiseach. I think the Taoiseach has crossed the line and the line that he has crossed - and I took legal advice on this - was to accuse Martin McGuinness and I of conspiracy to rob, and of withholding information. I feel particularly angry about that.
_
"He has no option but to have us arrested, to shut up or to put up on this issue."


to不定詞がいっぱいあって,受験勉強に使えそうな勢いです。〈have+目的語+過去分詞〉もあるし……。続きを読む
posted by nofrills at 18:46| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

公式の謝罪とIMCの非難と。

まったく別々のことだが,一緒にメモ。

1974年のロンドンでの爆弾事件,いわゆる「ギルドフォード4」の件(冤罪)につき,ブレアが公式に謝罪。解説記事はこれとかこれとか。これはOne of the golden rules of politics is "never apologise" and so when it's broken, suspicions are raised.という書き出し。黄金ルールを破ったからには何かを期待しているのだ,という話。

Guildford Fourについては,この記事がまとまっている。映画In the Name of the Father(邦題は『父の祈りを』でしたっけ?)も参照。続きを読む
posted by nofrills at 22:40| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

vCJDおよびBSEの件,ならびにその影響。

がー。。。またオフィシャルに「区別」された。<英国滞在経験者。
英滞在1か月以上、臓器などの提供を当面中止
2月8日
_
BSE(牛海綿状脳症)感染牛を食べて発症するとされる「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)」の、英国に約1か月滞在していた男性への感染が確認されたことを受け、厚生労働省は7日、献血と同様、英国に1980年以降、通算1か月以上滞在した人からの臓器や骨髄、角膜の提供を当面中止することを決めた。


こないだまでは「80年以降,通算6ヶ月以上」だったのが,「通算1ヶ月以上」になってしまった!!!

いや,もっと正確には,「1980年から96年に通算6か月以上」【→東京都の文書】の滞在の経験がある人は献血できません,ってことだったはずだが……厚生労働省の最新の文書には「英国滞在者等の献血制限(1980年以降英国滞在6ヶ月以上)」ってあるんだよね……。「96年まで」はどこに行っちゃったの?

ともあれ,今現在,英国は危険だというわけではありません。時期が問題なんですよ,時期が。続きを読む
posted by nofrills at 17:25| 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の件。

私自身が80年代末から90年代初めにかけて合計で何ヶ月も英国に滞在していたのだから,12月に「ヤコブ病」で亡くなった方が,実は「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病」で,89年に1ヶ月英国にいたという件は,他人事ではないなぁ。

実際,献血や骨髄ドナー・臓器ドナー登録においては,「当該期間に通算6ヶ月以上英国はじめBSEが発生していた欧州諸国に滞在していた人々」と規定されている「ハイリスク・グループ」に私は属しているわけで,したがって私は献血もできないし,「白血病治療に」と夏目雅子の美しい笑顔でテレビ画面から呼びかけられても何もできない。臓器移植のドナーカードには英国滞在歴のことを書き添えて「提供しません」に印をつけてある。続きを読む
posted by nofrills at 19:30| 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

「人を撃つのは楽しいね」発言。

米海兵隊の中将が,2月1日,米サンディエゴでのパネルディスカッションで「人を撃つのは楽しいね」と発言,現場ではどうだったのかわからないが,メディアではもちろんある程度の非難を浴びている。

The comment, made by Lt. Gen. James Mattis, came in reference to fighting insurgents in Iraq. He went on to say, "Actually, its a lot of fun to fight. You know, it's a hell of a hoot. I like brawling."


海兵隊のジェイムズ・マティス中将はイラクでの反乱勢力との戦闘について「戦闘はとても楽しいです。実におもしろいのです。私は乱闘が好きです」(←“学校英語”風にしてみた)と述べた。続きを読む
posted by nofrills at 12:49| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。