2005年02月09日

vCJDおよびBSEの件,ならびにその影響。

がー。。。またオフィシャルに「区別」された。<英国滞在経験者。
英滞在1か月以上、臓器などの提供を当面中止
2月8日
_
BSE(牛海綿状脳症)感染牛を食べて発症するとされる「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)」の、英国に約1か月滞在していた男性への感染が確認されたことを受け、厚生労働省は7日、献血と同様、英国に1980年以降、通算1か月以上滞在した人からの臓器や骨髄、角膜の提供を当面中止することを決めた。


こないだまでは「80年以降,通算6ヶ月以上」だったのが,「通算1ヶ月以上」になってしまった!!!

いや,もっと正確には,「1980年から96年に通算6か月以上」【→東京都の文書】の滞在の経験がある人は献血できません,ってことだったはずだが……厚生労働省の最新の文書には「英国滞在者等の献血制限(1980年以降英国滞在6ヶ月以上)」ってあるんだよね……。「96年まで」はどこに行っちゃったの?

ともあれ,今現在,英国は危険だというわけではありません。時期が問題なんですよ,時期が。続きを読む
posted by nofrills at 17:25| 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。