2005年04月29日

Iraq war legal advice published

goldsmithadvice.jpg
http://news.bbc.co.uk/2/shared/bsp/hi/
pdfs/28_04_05_attorney_general.pdf

The Attorney General's advice to the prime minister on the legality of military action against Iraq, 7 March 2003 (692k)続きを読む
posted by nofrills at 11:27| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

「身だしなみ」が投票行動を左右する?

Basically this could be called "Rubbish of the day," but it sounds strangely persuasive, especially in this:
The last time a bald politician was elected to Number 10 was Winston Churchill in 1951 - and he was up against the equally receded Clement Attlee.


from "Bald truth about attracting voters"
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/vote_2005/
frontpage/4482587.stm
続きを読む
posted by nofrills at 13:13| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総選挙まであと1週間、「イラク戦争」が争点のひとつになりつつあるらしい。

「イラク戦争」がイシューになりつつあるという視点から、記事いろいろ。日曜日のデイリー・メール(the Mail on Sunday)へのリーク含む。続きを読む
posted by nofrills at 12:34| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

旧ソ連の人から見た現在の英国。

ウクライナ(旧USSR、念のため)の小説家、Andrei Kurkovが、ガーディアンに書いてる記事。
http://politics.guardian.co.uk/election/
story/0,15803,1470260,00.html


全部読みたいのだが、あいにくその時間的余裕がまだない。→とか書いてるうちに読め、と自分でも思ったんで、読んだ。I imagine the Conservatives in Liverpool have an underground operationとか、吹き出すような箇所もあり、読みやすい。「彼らがUSSRで夢見たデモクラシーは」って感じ。私にはnothing new、というか、英国もそうなっちゃったのか的感覚。そうなりそうでならないところが一番の魅力だったのだけどね。続きを読む
posted by nofrills at 10:22| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェイミー・オリヴァーの学校給食改善運動の件(PFI絡み)。

最新記事のリンクだけ。

Private deals block Jamie's school dinners
http://www.guardian.co.uk/uk_news/story/
0,3604,1469502,00.html


要は、ジェイミーの取り組みが公式に始まる前に、学校は業者(私営企業)と25年の契約を結んでいたので、ジェイミーが「ジャンクフード放逐」を訴えて切り込もうにも、という話。ガーディアンのスクープらしい。(書き方から判断して。)続きを読む
posted by nofrills at 02:38| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何てグロテスクな。(UK選挙@NI)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/vote_2005/
northern_ireland/4481343.stm

The DUP leader, Ian Paisley, has predicted an electoral wipeout of the Ulster Unionist Party in the general election.
_
He said it was clear that Mr Trimble's days had been numbered for some time.
_
"What he is just counting is the time to the electric chair and the rope," he said.
続きを読む
posted by nofrills at 02:09| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

マーガレット・サッチャーと労働党。

Labour invoke Thatcher memories
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/vote_2005/
frontpage/4480663.stm


マーガレット・サッチャーは、言うまでもなく、保守党だ。対するに、トニー・ブレアは労働党だ。ただしブレアの労働党は、サッチャーに反対していた労働党ではなく、New Labourである。

そのNew Labourが、ことあるごとにサッチャーサッチャーと言っているのはなぜか、と、ゴードン・ブラウン財務大臣が質問された、とのこと。それに対する答えが……続きを読む
posted by nofrills at 23:50| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尼崎鉄道事故を伝えるBBCの記事。

25日夜11時ごろにアクセスしたところ、BBC NEWS World Editonのトップ記事が、尼崎の鉄道事故だ。

bbc25april.gif

Night rescue at Japan crash site
Japan's fame for rail safety
Crash train 'faster than usual'続きを読む
posted by nofrills at 23:40| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私たちの身の回りにあふれているそれはEngrishである。

現状、私はシニフィアンとシニフィエの狭間でもがき苦しんでいる。だからどうしたというわけではない。というわけで、唐突だがengrish.comだ。

"Engrish"というのは、"English"の変種である。主に東アジアで多く目撃されている。日本も多発地帯のひとつである。というか、engrish.comでは、Engrishのことを、「日本の広告やプロダクト・デザインにおいて見られるおもしろい英語の間違い(the humorous English mistakes that appear in Japanese advertising and product design)」と定義している。

Engrishとは、字面の通り、そもそも「L」と「R」の区別をしない/区別ができないことから発しているのだと思うが(→参考資料としてMonty Python:LとRをすべて逆転させてある)、engrish.comではそれに象徴される、「おもしろい英語の間違い」全般を、"Engrish"である、と定義している。

というわけで……続きを読む
posted by nofrills at 22:40| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mikhail Gorbachev: "It suffers from the sickness, the disease of being the victor and it needs to cure itself from this disease."

"I think Russia is ready to cooperate. Now the question is, is the United States -- which is the only remaining superpower -- is the United States ready to do this? I think not myself," Gorbachev said.
_
"I think the United States is sick. It suffers from the sickness, the disease of being the victor and it needs to cure itself from this disease."
_
He said the United States should not suggest that other countries have no need for nuclear weapons while it retains a large arsenal itself.
_
"They say other people don't need it, but what kind of law is this that they are advocating? It's the law of the jungle," he said.


http://edition.cnn.com/2005/WORLD/europe/04/20/gorb.nuke/index.html
posted by nofrills at 07:08| quote | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。