2005年05月21日

sectarian violenceと「歴史的資料」(北アイルランドのテロ組織ガイド)。

さっきteanotwarで,"wave of sectarian violence"というフレーズが出てきた。むろんイラクというコンテクストの中でのことだが,このフレーズで北アイルランドを連想しないわけにはいかない。

というわけで,BBCで検索してみたわけよ。そしたら見つかったのがJuly 13, 1998の日付の記事。"sectarian violence"(Orangemen=プロテスタントの組織による放火)で殺された男の子3人についてのニュース記事なんですが……続きを読む
posted by nofrills at 15:30| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「歴史」と「映画」と「著作権」

あたしゃまるっきりいかなる点においても興味のカケラすらない大作映画(英国人大作映画監督最新作・歴史的事実を歪めてねじってドラマにしてるらしい)がお題の記事だが,内容は興味深かった。
Repeating history
http://education.guardian.co.uk/higher/columnist/story/
0,9826,1488721,00.html

who owns history? And can one copyright history? I have been involved in disputes over physical cultural property, where the issues involved are ones of physical ownership and claims of cultural heritage. But I had always thought that intangible cultural property, such as history and literature, belonged to all; owned by anyone who wanted to read or devote thought to history, and to let it live on in people's minds.
続きを読む
posted by nofrills at 14:30| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。