2005年07月18日

アフィリエイトの収入を送金しました。

2005年4月〜6月のamazon.co.jpの収入を送金しました。

送金先:Jarrarさんたち
目的:イラクにおける暴力/攻撃の被害者への医療支援(薬,包帯など)
送金額:55カナダ・ドル(日本円でだいたい5000円:うちアフィリエイトによる収入は3966円)
これまでの彼らの活動の報告のまとめ:2005年4月,Raed blog(<日本語化済み)続きを読む
posted by nofrills at 15:32| about_this_blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お願い。

詳細。(←「要領よくまとめられている」とは自分でも思えないのですが。)
posted by nofrills at 14:39| voices_from_iraq | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

「ロンドンのテロ」は今に始まったものじゃない。

さっきもNHKで,7月7日にロンドンで起きたことについてがっつり特集していましたが,この番組については再放送を待ってもう一度じっくり見てから書くかもしれません。(書かないかもしれません。)

まあいずれにせよ,「テロがロンドンにやってきた」的な視点があるんじゃないかという気がしてくる内容でした。まさか番組制作者のみなさんがIRAについて知らないわけじゃないでしょうけど,何と言うか,「ロンドンにおけるテロ事件」というコンテクストがすっぽり抜けているんではないかと。

2005年3月に成立したテロ行為防止法だってもちろん,そのコンテクストを抜きにして考えることはできないのですが。

(むろん,近年の例――米国の911,スペインの311やテルアヴィヴでの英国人の自爆,マイアミの靴爆弾など――が,2005年テロ行為防止法の背景にはあるわけですが。)

というわけで,「ロンドンのテロ」について何かまとめ的なものはないかなあと探してみたら……あったんですよ。インターネットという仕組みと,こういうまめなことをやる個人の存在に感謝したいと思います。続きを読む
posted by nofrills at 23:46| todays_news_from_uk/07july2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

何がショックを与えているのか。

7月7日にロンドンで起きたことについて,あれを実行した人々が「外国人」ではなく(すなわち「外国人テロリスト」ではなく),英国で生まれ育った英国人――英国籍保持者――だったことは,確かに英国の人々および社会全体に対して,かなりのショックを与えているようだ。むろん私は今のところ,メディアを通してしか英国の様子を知るすべはないが。

これが日本で報道されると,なぜか,「移民との軋轢」の話になる。続きを読む
posted by nofrills at 19:22| todays_news_from_uk/07july2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

We rarely, if ever, called the IRA bombings "Catholic" terrorism

The label of Catholic terror was never used about the IRA
http://www.guardian.co.uk/Northern_Ireland/Story/
0,2763,1525896,00.html

→ガーディアンのサーバが重いときなどはICHで。

とにかく,読んでください。すばらしいです。続きを読む
posted by nofrills at 18:00| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「英国籍の青年たちが。。。」

BBC NEWSトップページ。
bbc_13july.gif
※画像はクリックで原寸。続きを読む
posted by nofrills at 15:01| todays_news_from_uk/07july2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

London is another country.

London is another country. Whilst in and of England, it also soars above middle England in the fluxing energy of its social, artistic, entertainment, cultural, sub-cultural, ethnic, political, intellectual and business worlds, the swagger (and occasional grand fuck-ups) of its metropolitan ambitions and the easy inclusiveness that is, paradoxically, a hallmark of even the most bigoted Londoner. If racial, cultural and class diversity irritate you, you're in the wrong place. Even the racists give up. It's pointless. London defines itself through diversity. For instance, there is nothing like the racial tension you experience in New York.
_
There are those inverse snobs who hate it. Very often, these people are from lesser cities throughout England; or they're bigots who instinctively feel ill-at-ease in the cultural fuzziness that is Zones 1 and 2. The usual list of moans: "dirty, expensive, exhausting, crowded, sticky hot in summer, full of crime, tacky, rip off, moan, moan".
_
Away with such people! As Wordsworth suggests, their souls are dull.
_
Ken Livingstone captured London's appeal in his address today:
_
I said yesterday to the International Olympic Committee that the city of London is the greatest in the world because everybody lives side by side in harmony. ... In the days that follow ... people from around the world will arrive in London to become Londoners and to fulfil their dreams and achieve their potential. They choose to come to London, as so many have come before because they come to be free, they come to live the life they choose, they come to be able to be themselves.
続きを読む
posted by nofrills at 07:27| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもたちに対する配慮が示されたアドバイス――子供向けBBCサイトから。

CBBC (Children's BBC) で子どもたちの相談に回答しているアーロンさんが,先週木曜日のロンドンでの件について書いている文。とても力強く,大変に配慮の行き届いたものだ。

http://www.bbc.co.uk/のCBBCフォーラムより:
Worried about the news?
7 Jul 2005 17:01
_
Hello Everyone,
Lots of you are talking about what happened in London on Thursday. Things like this make a lot of people nervous. Most of us worry about ourselves and our loved ones; especially if we are separated from them. Being concerned is okay, and talking about it helps; just try not to freak yourselves out by worrying yourselves sick! That happens when you don't know what's happening and you make up scary stories in your head to fill the gaps.
_
While sometimes these things DO happen, we have the best people in the world trying to make sure it doesn't. When it DOES happen, they are on hand to sort things out as quickly and safely as possible. While it can still be scary, the chances of things affecting YOU are small; so try not to worry too much. If you're nervous, talk about it with your parents or others that you trust. If you have been directly affected by it, seek help and support from loved ones. In the meantime, stay sane by following some of Newsround's advice about bad news.
_
Aaron
続きを読む
posted by nofrills at 01:57| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

ダルフール/スレブレニカ/ファルージャ

昨晩,深夜12時過ぎにテレビをつけていたら,先週土曜日に放送されたNHKスペシャルの再放送をやっていた。

「21世紀の潮流 アフリカ ゼロ年
第1回 ジェノサイドを止めるのは誰か」
http://www.nhk.or.jp/special/libraly/05/l0007/l0709.html

さっきWorld Peace Reportのサイト(ニュースポータル)を開いてみたら,ボスニアのジェノサイドの10周年の記事があった。

"Bosnians grieve Srebrenica massacre"
http://www.chinadaily.com.cn/english/doc/
2005-07/12/content_459420.htm


イラクのファルージャがまた攻撃されている。

「米国はファルージャに新たな攻撃を開始」
http://teanotwar.blogspot.com/2005/07/blog-post_11.html続きを読む
posted by nofrills at 18:20| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。