2005年07月25日

ストックウェルのshoot to kill ――彼は英語がわからなかったのか?

引き続き,ロンドンでの警察によるshoot to killについて。

駅で止まっていれば撃たれなかっただろうと考えられることから,男性がなぜ止まらなかったのかがもっと注目されてよいと私は思う。

というわけで,マスコミの記事などから,「彼はなぜ止まらなかったのか」をまとめていこうと思う。

事件発生後の報道記事やウェブログなどで,可能性として,
1)彼は英語がわからなかった
2)彼は自分に「止まれ」と言っているのが警官だと思っていなかった
ということが挙げられている。続きを読む
posted by nofrills at 23:10| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。