2005年07月27日

IRAの武装解除ないし/および解体関連。

実に久しぶりだ,IRAのことを,IRAについて書いた記事で読むのは。

ガーディアン記事:
Hopes rise of IRA move on disarmament
http://politics.guardian.co.uk/northernirelandassembly/
story/0,9061,1536710,00.html


記事の副題にある
A statement this week could commit republicans to a historic change - but nothing is certain

の後半を見ると,ううむ,これはいつもの展開になるのかしらと思うのだけど,記事だけは読んどかないとね。続きを読む
posted by nofrills at 23:52| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストックウェルのshoot to kill――私服警官たちは「警察だ!」と警告したのか?

射殺されたブラジル人男性が,駅で止まらなかったのはなぜなのかについて(←「止まらなかった」どころではない。事実はまったく逆というかそれ以上で、彼は列車に乗り込んで座席に着いた後で、取り押さえられて頭に何発も撃ち込まれた),正確なところはThe Independent Police Complaints Commission (IPCC) の調査結果が出るのを待たなければならないけれども(そしてその調査が本当に正確なことを言うのかどうかという問題もある――まさか1972年のブラッディ・サンデーのWidgery inquiryのようなことはあるまいが(^^;),報道などから知る限り,これまでいくつかの「原因となった可能性のあること」が挙げられてきました。

そんな中,27日のガーディアンにこんな記事が出ました。
Shooting to kill needs no warning
http://www.guardian.co.uk/uk_news/story/0,,1536751,00.html
つまり,警察のshoot to killにおいては,警告(「警察だ!止まれ!」といったもの)を必要としないというレポート。the Guardian has learned.と書いてあるから,ガーディアンがこの点を取材してきたことで判明したことだろうと思います。続きを読む
posted by nofrills at 22:32| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。