2005年08月25日

「パット」という名のこの男。

いよいよ台風が来たようで,うちの屋根を通して上空でごおぉごおぉと風が鳴ったかと思うと,豪雨の音がしてきました。

それとはまったく関係なく……。

「パット」Patという男性名は,「パトリック」Patrickの愛称として知られている。「パトリック」は5世紀(だったと思う)にアイルランドにキリスト教を広めた人の名で,「パトリック」と言えばアイリッシュ,という固定イメージがある(もうひとつの愛称である「パディ」Paddyという名をつけたアイリッシュ・パブがよくある,など)。

でも,米国で“テレヴァンジェリスト(テレビ伝導師)”としてぶいぶいいわせている「パット・ロバートソン」氏の「パット」は「パトリック」じゃないんだって。
At a young age he was given his nickname of Pat by his six-year-old brother, ..., who enjoyed patting him on the cheeks when he was a baby and saying "pat, pat, pat".


「パット・ロバートソン」,本名は「マリオン・ゴードン・ロバートソン」Marion Gordon Robertson――「マリオン」はラテン語系。「ゴードン」は元はスコティッシュの名前ですね。「ロバートソン」もスコットランドのクランの名のひとつとして知られているもの。(<これは,“「オブライエン」や「オニール」はアイリッシュ”とかいうような一般論ですが。)

名前がどうこうって話をしたいわけではないんですが,何かおもしろかったので。

なお,本名があるのに「パット」という名を選択したのは,「マリオン」は女みたいだし「ゴードン」は気取った感じがするからだそうです。

Wikipediaによると,パット・ロバートソンはアメリカ独立宣言に署名したヴァージニア知事の家系で,この家系には第9代大統領とか第23代大統領もおり,ウィンストン・チャーチルとの血縁もあるそうです。一言で言えば,「WASP」ですね。

このパット・ロバートソン,つい先日(米国時間で8月22日),自身のテレビ番組で,ベネズエラのチャベス大統領の「暗殺」を呼びかけるということをやってくれたそうです。
「米国・福音派右派説教師、ベネズエラ大統領暗殺を呼びかけ」(P-navi infoさん,2005年8月24日)

で,この「暗殺」発言について本人が謝罪したという記事(AP通信配信)が,25日(英国時間)のガーディアンに出ていたんです。続きを読む
posted by nofrills at 23:47| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカーファンのふりをした差別主義者ども。

Rangers fans get ferry foot ban
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4180326.stm
Stena Line has banned Glasgow Rangers supporters travelling as foot passengers from its sailings between Northern Ireland and Scotland.


また暴れたのかと思ったらそんなもんじゃなかった。

The supporters, they weren't even singing football songs, it was about killing Catholics, and named Catholics that have been shot dead


こいつら,頭大丈夫か?(<婉曲話法)

別に今日や昨日始まったことじゃないんだけどね。ニュースになってるのは「Rangersのサポはフェリーでの渡航禁止」になったからで。続きを読む
posted by nofrills at 07:53| todays_news_from_uk/northern_ireland/basic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。