2005年09月12日

ベルファスト,暴動続く。

土曜日の夜から日曜日の早朝にかけて西ベルファストなどでロイヤリスト(プロテスタント)が暴動を起こしたが,東ベルファストなどでも新たにロイヤリストの暴動が起きている。

More riots break out in Belfast
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4236208.stm

ガーディアンの記事は,これを「銃と爆弾が戻ってきた」と表現している。
Return of the gun and the bomb
http://www.guardian.co.uk/Northern_Ireland/Story/0,2763,1567926,00.html

重要なことは,この「暴動」が,とりあえずその辺のものを投げるとか振り回すとか,あるいはとにかく火をつけて回るといったものではないということだ。

ガーディアンのジョナサン・フリードランドの記事:
http://www.guardian.co.uk/Northern_Ireland/Story/0,2763,1567684,00.html
And this was no mere street riot, no outbreak of simple stone-throwing and window-shattering. The loyalist hardmen trained machine guns on soldiers and police, sending some 700 bullets their way according to one estimate. Bricks and petrol bombs came in numbers too large to count. One eyewitness spoke of a mayhem unseen in 30 years.
続きを読む
posted by nofrills at 13:37| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。