2005年11月05日

殺人事件の被害者遺族はマギーがお嫌いな様子。

マッカートニー・シスターズ(詳細はリンク先=過去記事参照)が「今年を代表する女性」に選ばれるも,辞退。というより,拒否。

理由は,「マーガレット・サッチャーも同じ賞を受けるから」。しかも授賞式の場に出向いてそれを知って,その場で拒否。

http://www.guardian.co.uk/Northern_Ireland/Story/0,2763,1627493,00.html
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4406022.stm

BBCより:
Catherine McCartney was speaking after refusing to share a platform with Margaret Thatcher, claiming she had "inflicted injuries" on Ireland.
続きを読む
posted by nofrills at 01:47| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブランケット辞任,ジョージ・ギャロウェイなど(メモ)

ガンパウダー・プロットからちょうど400年のガイ・フォークス・ナイトを前に,パリは燃えている(背景がわかんないねぇ)とか,日本からは刑務所内での囚人虐待致死(イラクじゃないよ)の看守が有罪判決だったにもかかわらずhave walked freeとか(日本語記事では有罪ってことに重点)いう記事がBBCにあるのですが,忙しいので記事メモだけ。ほんとに備忘録。

ブランケット,また辞任
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/4400442.stm
http://news.bbc.co.uk/1/hi/in_depth/uk_politics/2004/blunkett_resigns/default.stm
ひょっとして辞任マニアか?(笑)

ブランケット according to Banksy:

* picture by OwenBlacker

バーミンガムでイスラム教の墓地が荒らされる
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/west_midlands/4406760.stm
先日,アフロカリビアンの人たちとパキスタン系の人たちとが衝突してかなりな騒ぎになった地域の近くにて。あんまりいい雰囲気じゃないね。誰も聞いたことのない「Black Nation」っていうグループがビラ撒いたって? それ,明らかにネオナチの見え透いた工作(自作自演にもならねぇ)でしょう。

北アイルランド,1976年の殺人事件
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4406074.stm
The family of a County Louth man killed in 1976 have called for a independent, public inquiry into his murder.
_
Four loyalists suspected of killing Seamus Ludlow have been named in a Dublin judicial report.
_
The report's author, Mr Justice Barron, criticised the Garda investigation into the murder near Dundalk in May 1976.
続きを読む
posted by nofrills at 01:21| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。