2005年11月11日

反テロ法関連(DUPの突然の反対の理由など)

10日の時点で英国でのトップニュースだったので記事は読んでたんですけどね、ファルージャの映像を見たりしていたので、このばかばかしい政治的駆け引きにはまったく関心がもてませんでした。

<英下院>反テロ法案重要条項を否決 与党多数が造反
_
 【ロンドン小松浩】英下院は9日、テロ容疑者を起訴しないまま90日間(現行14日間)拘束できるとした反テロ法案の重要条項を賛成291、反対322で否決した。ブレア政権が97年に発足して以来、政府提出法案の条項が下院で否決されたのは初。ブレア首相には大きな政治的打撃となった。下院は代わりに拘束期間を28日間に延長する修正案を可決した。
 与党・労働党は354議席を占め野党を66議席上回っているが、野党・保守党、自由民主党の反対に加え与党から多数が造反した。下院の反テロ法案審議はすでに、テロ行為を称賛する言動の禁止など他の重要条項を可決しており、容疑者拘束期間延長の修正を踏まえて近く下院で法案全体を可決、上院に送る。上院でも「称賛」の定義や拘束期間をめぐって紛糾が予想され、政府の目指す年内施行は微妙だ。
〈中略〉
首相は「間違ったことをして勝つより正しいことをして負けた方がいい場合もある」と強気の構えを崩していないが、〈後略〉


どのツラ下げて言うかね。>「間違ったことをして勝つより正しいことをして負けた方がいい場合もある」。

このツラか?(「チョイ悪風にブタ鼻にしてみますた」)

Photograph: Peter Macdiarmid/Getty

大体なんだよこの「場合もある」ってのは。。。とひとしきり大笑いしたあとは、ブレアが「間違ったことをして勝」った事例を事細かに挙げてもいいんですが、フラストレーションがたまるだけなのでやめよう。原文を探すのもよいけれども、その時間がもったいないのでやめよう。ってか原文は"Sometimes it is better to do the right thing and lose, than to win doing the wrong thing."だけどね。

マニアがニヤニヤできる各議員の投票結果。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/4424170.stm続きを読む
posted by nofrills at 10:50| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの旗が掲げられるとき。

英国ではロンドンのウェストミンスター・アビー(チャーチ・オヴ・イングランド)に戦没者慰霊の施設ができたとのこと。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/in_pictures/4426140.stm

11月はガイ・フォークス・ナイトが過ぎたらRemembrance Dayだ。この時期に私がロンドンで居心地の悪い思いをしたことはどこかに書いたと思う。日本人はお呼びじゃない追悼と慰霊の日。

北アイルランドでは、初めて、ユニオンジャックと並んでアイルランドの三色旗が掲げられた。

Tricolour flies at war memorial
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4412584.stm

「ユニオン・ジャック」ってのはそれ自体、イングランドとスコットランドとアイルランドの旗を合体させたものだ。(ウェールズはとっくにイングランドに合併されていたという扱い。)つまり連合(ユニオン)のシンボルである。

※画像はWikipediaより。続きを読む
posted by nofrills at 08:58| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「私が死んだら○○かもしれないから私の○○を棺に入れてください」

http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4417760.stm

「私が死んだら仮死状態かもしれないから、私の携帯電話を棺に入れてください。」

「生き返ったら電話したいので、電池が切れないように、電源は切っておいてください。」

……火葬じゃ無理だわな。

葬儀屋のコメント:「生き返る確率より、宇宙人に連れてかれる確率の方がまだ高いだろうに……。」

でも全国葬儀屋協会の人によると、「私が死んだら携帯電話を」は都市伝説だそうです。

しかし北アイルランドの葬儀屋さんは棺に入れる携帯は呼び出し音が鳴らないように気遣いを見せているし、北アイルランドのfuneral directorはそんなトレンドはないと言うし。。。続きを読む
posted by nofrills at 08:31| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法はmade by the USA

イラクじゃありません。日本でもありません。

Revealed: US plans for Bosnian constitution
http://www.guardian.co.uk/yugo/article/0,2763,1639014,00.html

The Americans have written a new constitution transforming Bosnia into a centrally governed parliamentary democracy for the first time, and are pushing strongly - with European backing - to have the blueprint agreed by Bosnia's rival nationalist leaders within the next fortnight.


もう何も言いません。思考停止しました。ひたすら受身。それが楽。続きを読む
posted by nofrills at 08:13| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。