2005年11月12日

英国の、豊かな歴史と伝統――拷問編

戦後60周年記念、ですかね。

ロンドン西部に「ケンジントン・ガーデンズ Kensington Gardens」というエリアがあります。ものすごい高級住宅街で、各国の王族とか大富豪とかが住んでます。チャールズ皇太子と別居したダイアナ妃が暮らしていたケンジントン・パレスもこのエリアにあります。ま、言ってみれば「ハイソなロンドン」の頂点のひとつです。

そのド高級エリアに、第二次大戦中、軍諜報機関MI19の施設があり(通称「ロンドン・ケージ」)、戦争捕虜の拷問が行われていたことが明らかになった、というガーディアンのスクープ記事。

Revealed: UK wartime torture camp
Ian Cobain
Saturday November 12, 2005
http://www.guardian.co.uk/secondworldwar/story/0,14058,1640957,00.html
More than 3,000 prisoners passed through the centre, where many were systematically beaten, deprived of sleep, forced to stand still for more than 24 hours at a time and threatened with execution or unnecessary surgery.
_
Some are also alleged to have been starved and subjected to extremes of temperature in specially built showers, while others later complained that they had been threatened with electric shock torture or menaced by interrogators brandishing red-hot pokers.
_
The centre, which was housed in a row of mansions in one of London's most affluent neighbourhoods, was carefully concealed from the Red Cross, the papers show. It continued to operate for three years after the war, during which time a number of German civilians were also tortured.


「赤十字には存在を秘匿していた」ってのが、最大のポイントだわね。なぜ隠さなければならなかったのか、ってことだからね。

下記記事にはもっと詳しいことが書かれています。

The secrets of the London Cage
http://www.guardian.co.uk/secondworldwar/story/0,14058,1640942,00.html続きを読む
posted by nofrills at 22:45| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。