2005年11月24日

イングランドとウェールズで、パブとクラブの24時間営業開始。

「パブ」や「クラブ」といっても、おねいさんが隣に座って水割りを作ってくれるような飲食店ではなく(←お約束の注意書き)、日本での「居酒屋、飲み屋」や「ライヴハウスやディスコ、クラブ」に相当するものですが、これまで店が客にアルコールを提供できる時間に制限が設けられていたのが、新たな法律で撤廃され、24時間いつでもアルコールを提供することが可能になりました。

また、酒を売る小売店(酒屋やスーパーのお酒コーナー)も、これまでは時間外は売り場にカバーがかけられて販売していなかったのが、これからはいつでも販売するようになるところもあるようです。(そのためのライセンスを取る必要があるので、すべての店でではない。)

Pubs' 24-hour opening nears start
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/4464284.stm続きを読む
posted by nofrills at 12:18| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。