2005年12月21日

Oyster cardとNational Rail

1つ前の記事との関連で、Oyster cardと鉄道(National Rail)について。

最大の問題点は、Oyster cardのPre-payが、鉄道では多くの路線で受け付けられていないということにある。つまり、Travelcardを使っている感覚でOysterのPre-payを使って地下鉄から鉄道へと乗り継ぐと、例によって途方もないペナルティ・フェア(キセルとみなされる)可能性があるし、逆に鉄道から地下鉄に乗り換える場合には最初に乗る駅でOysterのPre-payが使えない。

英国では自宅から職場までの交通費は支給されないのが基本なので、公共交通機関を使って通勤している人なら誰でも交通費はなるべく節約したい(安く上げたい)。TfLでは「Oyster pre-payがお得ですって言ってるでしょ!」というキャンペーンを、Oyster pre-payを使わない場合の運賃を心臓発作を誘発しそうなくらいの(<大げさ)額に引き上げるという強硬な策で開始した。しかし、その「お得」なOyster pre-payを使えるのは、地下鉄(Tube)沿線の人だけで、鉄道(National Rail)沿線の人は使えない、という問題が出てきたわけだ。続きを読む
posted by nofrills at 08:39| london_basic_info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

ロンドンの公共交通についての基本リンク集とTfLについての説明

■ロンドンの地下鉄マップ(地下鉄のみ、ゾーン表示あり)
PDF:http://www.tfl.gov.uk/tfl/pdfdocs/colourmap.pdf
GIF:http://www.tfl.gov.uk/tfl/pdfdocs/colourmap.gif

■ロンドンの地下鉄&鉄道マップ(ゾーン表示あり)←ロンドンに行くときにダウンロードして印刷していくのなら、上のじゃなくてこっち。
PDF:http://www.tfl.gov.uk/tfl/pdfdocs/lon_con.pdf

■ロンドンのバス路線マップ(下記URLから必要なものをダウンロード)
http://www.tfl.gov.uk/tfl/bus_maps.shtml

■2006年1月2日からのロンドンの交通料金リーフレット
PDF:http://www.tfl.gov.uk/tfl/downloads/pdf/fares-tickets/fares-2006-leaflet.pdf

以下はおまけ。続きを読む
posted by nofrills at 23:38| london_basic_info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

「IRAのスパイ」じゃなくて「MI5のスパイ」だった人。

こんなに展開になるとは予想もしてなかった。先日不起訴となった「ストーモントゲイト」事件の容疑者、実はシン・フェイン/IRAから送り込まれたスパイであるどころか、そのまったく反対、シン・フェインの内部、それも上層部で、1980年代からMI5のスパイとして活動していた。。。

これが「スパイ小説」の最後のどんでん返しならワクワクするところなんですが、現実ですからガックリです。(ああ、さすが英国。)

しかも1980年より前の、こうなってみると非常にショッキングな写真が配信されてるし。

donaldson.png続きを読む
posted by nofrills at 23:32| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドキュメンタリー"Why We Fight"

日曜日の午後、Why We Fightというドキュメンタリー(日本での題名は「アメリカはなぜ戦うのか」)を見た。

このフィルムは2005年のサンダンスでドキュメンタリー部門で最優秀賞を受賞している。
http://www.imdb.com/title/tt0436971/
http://www.sonyclassics.com/whywefight/

NHKでの紹介(←のとは別にこんなのもある。内容は同じだと思いますが。)
BBCでの紹介続きを読む
posted by nofrills at 22:56| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

EVERYONE'S LONDONキャンペーンの来年3月までの概略

7月7日のことを受けて「ロンドンがんばろう」という意味もこめて9月に始まったEveryone's Londonキャンペーンのことをこのウェブログに書くことを、すっかり忘れていたようです。(^^;)

これは、ロンドンの公共交通をどんどん使おうというのがコアにあるキャンペーンで、Oystercardか有効な紙の切符(Travelcardとか)を見せるだけで、美術館の特別展やレストランなどが割引になる、というものです。時期は遅くなってしまったけれど、割引は来年3月まで継続されるので、書いておこうと思います。

Transport for LondonにEVERYONE'S LONDONという特設ページがありますので、詳細はそのページをご覧ください。

HTML版:
http://www.tfl.gov.uk/tfl/everyones-london/index_html.asp
FLASH版:
http://www.tfl.gov.uk/tfl/everyones-london/index_flash.asp
個別のプロモーションについての詳しい条件等:
http://www.tfl.gov.uk/tfl/tandc-promotions.shtml続きを読む
posted by nofrills at 20:40| todays_news_from_uk/sightseeing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライバル。

昨日のトヨタカップではスティーヴン・ジェラードのどっかーーんというボレーシュートも出て、Liverpool FC(ビッグイヤー獲得時の当ウェブログ記事)が3−0で勝って決勝に進んだわけですが、BBC SPORTSのメッセージボードのLiverpool FC板でこんな投稿が。。。
http://www.bbc.co.uk/dna/mb606/F2241569?thread=1725016
Man Utd have actually won this trophy in its PREVIOUS INCARNATION of the Toyata cup. (Yes, I know it's not exactly the same competition!)


これに「で何か? マンUのファンは過去に生きてるということですか?」と返す人がいたりする・・・・・・(^^;)続きを読む
posted by nofrills at 19:02| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Terrorism/Anti-Terrorism acts and bills, as of 16 December 2005

Links to the texts of the Acts/Bills, Wikipedia articles, and other documents, from Terrorism Act 2000 to Terrorism Bill 2005.続きを読む
posted by nofrills at 17:14| uk_laws | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ダウニングストリート宣言」から12年経った。

1993年12月15日、ロンドンのダウニング・ストリート10番地(つまり英首相官邸)で、英国首相とアイルランド共和国首相によって和平についての共同宣言(Joint Declaration on Peace)が署名された。この共同宣言が「ダウニング・ストリート宣言」。

この宣言は、全文がCAINで読める。第1項(全体の概略の説明をしている部分)は次のようになっている。

The Taoiseach, Mr. Albert Reynolds, TD and the Prime Minister, the Rt. Hon. John Major MP, acknowledge that the most urgent and important issue facing the people of Ireland, North and South, and the British and Irish Governments together, is to remove the conflict, to overcome the legacy of history and to heal the divisions which have resulted, recognising the absence of a lasting and satisfactory settlement of relationships between the peoples of both islands has contributed to continuing tragedy and suffering. They believe that the development of an agreed framework for peace, which has been discussed between them since early last year, and which is based on a number of key principles articulated by the two Governments over the past 20 years, together with adaptation of other widely accepted principles, provides the starting point of a peace process designed to culminate in a political settlement.


つまり、強引に短くまとめれば、「南北双方のアイルランドの人々に苦しみを与えている紛争を終結させたい。そのための和平の枠組みを構築していく」ということだ。(むろんその「紛争」の根が「歴史」にあるということも組み込んだ文面になっている。)*1

1993年のこの宣言は、後(1998年)のブレア政権下でのGFA(グッドフライデー合意:正式には「ベルファスト合意」という)につながっていくのだが、1993年当時の英国の首相はジョン・メイジャー。保守党政権である。(一方のアイルランドは、イーモン・デヴァレラ直系で1970年にはIRAへの武器引渡し事件との関連で揺れたFianna Failと労働党の連立政権。FFは現在まで与党の立場にある。)

2005年、新たに保守党党首となったキャメロンは、おそらくこの日を選んで、ベルファストを訪問した。

Cameron in peace process pledge
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4529824.stm続きを読む
posted by nofrills at 02:23| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

「鯨構文」ことno more 〜 than ... 実例

no more 〜 than ... (「鯨構文」)の実例を発見した。15日付ガーディアン記事。

発見した実例:
Australia is no more racist than Britain, argues Germaine Greer.
対訳:「オーストラリアが人種差別的である度合いは、英国がそうである度合いと同程度である、とジャーメイン・グリアが論説」
(「オーストラリアが人種差別的であるというのなら英国もそうだということになる」、「英国が人種差別的でないのと同様にオーストラリアは人種差別的ではない」などという内容であると解釈できる。ただしこの特定の事例についての「解釈」は“公式どおり”には行かない。詳細は「続きを読む」で。)

発見場所:
12月15日付け、ガーディアンのトップページ(http://www.guardian.co.uk/)・・・下記画像はそのキャプチャ。

guardian_nomorethan.png
※画像の該当部分に赤い下線を加えてある。関係ないが、キャプチャ画面の一番上、「ロイ・キーン、セルティックと2007年まで契約」は“たった今入ってきた速報”。続きを読む
posted by nofrills at 22:34| 英語/実例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スラオさんが思い出させてくれた例のアレ。

12月に入ったら例のアレだった。忙しくてスッカリ忘れていたのだが、Slugger O'Tooleさん(以下「スラオさん」)が思い出させてくれた。

so_knownknowns.png

そう、「例のアレ」とは、2003年にbecause as we know, there are known unknowns; there things we know we know. We also know there are known unknowns; that is to say we know there are some things we do not know. But there are also unknown unknowns -- the ones we don't know we don't know.でラム爺が受賞した「Plain English Campaign的わけわからん大賞(Foot in Mouth Award)」、今年は・・・・・・続きを読む
posted by nofrills at 00:54| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。