2005年12月21日

Stormontgateは終わったか?

年末のこの忙しい時期に限って、北アイルランドは本当にいろいろある。読んだ情報をまとめているヒマもなく次のニュースです、ってな具合で、ああもう。

Stormontgateについて最初に私がここに書いたのは12月15日で、そのときはシン・フェインのスパイだと訴えられていた人は、スパイ活動はしていなかったのに、スパイだということにされていたんだと思っていた。

が、19日に、その人がシン・フェイン内でMI5のスパイとして活動していたということを知り、しかもあのボビー・サンズと肩組んでる写真を見せられて、これはグレアム・グリーンやジョン・ル・カレでないとしても、フレデリック・フォーサイス(<『イコン』の上巻)みたいなほんとの話だと思った。

そして今日、例のOTR法案についてベル・テレがどう書いてるか確認しようと思ったら、こんな記事が出てるし。。。

Orde: there was a spy ring
Seized discs had details of Blair and Bush chat
By Noel McAdam
20 December 2005
http://www.belfasttelegraph.co.uk/news/story.jsp?story=673534続きを読む
posted by nofrills at 15:27| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sinn Fein rejects on-the-run bill

マジですか?!

Sinn Fein rejects on-the-run bill
Last Updated: Tuesday, 20 December 2005, 17:14 GMT
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4546648.stm

……ってことは、このクソ法案を通そうとしているのは労働党主流派だけで、労働党の一部と保守党、LibDem、DUP、SF、SDLP、UUPは反対、ってことじゃん。(DUP、SF、SDLP、UUPが北アイルランドの主要政党4党。)

どーすんのかね、これ。北アイルランド和平までぽしゃったら、ブレア政権が為しえたこととして後々まで誇らしく語れることなんか何もなくなるから、どっかで落としどころを見つけてくるんだろうけど。

というか、OTR法案って何が狙いだったんだろう、結局?続きを読む
posted by nofrills at 10:22| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"no public inquiry"なニュースがいくつも。

1)2005.07.07のロンドン地下鉄爆弾について「パブリック・インクワイアリーはしない」と決定。
No inquiry into 7 July bombings
Last Updated: Wednesday, 14 December 2005, 00:14 GMT
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/4526604.stm
※関連記事、 Inquiry rebuff: Bomb victims' views
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/4529420.stm

2)北アイルランドのスパイ事件について、ヘイン大臣が「パブリック・インクワイアリーはしない」と断言。
Hain rejects 'spy' inquiry demand
Last Updated: Monday, 19 December 2005, 17:35 GMT
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4542418.stm

3)英国政府の開戦決定についてのパブリック・インクワイアリー請求を、High Courtが却下。
Families lose Iraq inquiry appeal
Last Updated: Tuesday, 20 December 2005, 16:31 GMT
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/4546340.stm続きを読む
posted by nofrills at 09:52| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Oyster cardとNational Rail

1つ前の記事との関連で、Oyster cardと鉄道(National Rail)について。

最大の問題点は、Oyster cardのPre-payが、鉄道では多くの路線で受け付けられていないということにある。つまり、Travelcardを使っている感覚でOysterのPre-payを使って地下鉄から鉄道へと乗り継ぐと、例によって途方もないペナルティ・フェア(キセルとみなされる)可能性があるし、逆に鉄道から地下鉄に乗り換える場合には最初に乗る駅でOysterのPre-payが使えない。

英国では自宅から職場までの交通費は支給されないのが基本なので、公共交通機関を使って通勤している人なら誰でも交通費はなるべく節約したい(安く上げたい)。TfLでは「Oyster pre-payがお得ですって言ってるでしょ!」というキャンペーンを、Oyster pre-payを使わない場合の運賃を心臓発作を誘発しそうなくらいの(<大げさ)額に引き上げるという強硬な策で開始した。しかし、その「お得」なOyster pre-payを使えるのは、地下鉄(Tube)沿線の人だけで、鉄道(National Rail)沿線の人は使えない、という問題が出てきたわけだ。続きを読む
posted by nofrills at 08:39| london_basic_info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。