2006年01月31日

北アイルランド、刑務所跡地とConflict Transformation

メイズ/ロング・ケッシュ刑務所跡地の再開発計画の図面をBBCが入手したという記事が、BBCのサイトに出ている(30日付)。
First peek at Maze masterplan
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4663512.stm

メイズ/ロング・ケッシュについては昨年9月にちょっと書いたのでそっちを見ていただければと思うが、「北アイルランド紛争」のシンボルのひとつだ。

この刑務所は2000年9月に閉鎖され、現在の建物を取り壊して再開発する計画になっている。

一般には公開されていないその図面を、今回BBCが入手したということのようだ。


再開発事業の公式サイトから、事業の概要:
http://www.newfuturemazelongkesh.com/
The Panel believes that the regeneration of the 360 acre site will bring significant and long term social and economic benefits to the whole community through the following key components.
_
* A sports zone, including a multi-purpose sports stadium;
* An International Centre For Conflict Transformation;
* A rural excellence and equestrian zone;
* An office, hotel and leisure village;
* Light industrial development in the short to medium term;
* A small community zone to provide local facilities;
* Iconic artwork throughout the site;
* A regional centre or foundation for the Arts; and
* A comprehensive transport strategy for the site including motorway access and integrated public transport links


一見すると、まるで豪華会席弁当、「自然豊かなロケーションに作られる運動公園。交通も整備して産業も誘致します」的に見えるが、1つだけ、“浮いて”いるのがある。An International Centre For Conflict Transformation(紛争転換のための国際センター)だ。“浮いて”というのもしっくりこない。「北アイルランドだからなあ」と思えば、という取り合わせだ。続きを読む
posted by nofrills at 22:36| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

On This Day: 30 January 1972 -- Bloody Sunday in Derry (Londonderry)

今日は1月30日なので。

まずはWikipediaから。(disputedのアイコンが出ている。現場に居合わせたIRAメンバーが武装していたかしていなかったかで編集合戦になりかけたらしい?)
http://en.wikipedia.org/wiki/Bloody_Sunday_(1972)

映像作品:

↑昨年10月に廉価版DVDが発売に。1,500円+税。

事件について本気で調べたいなら書籍を。これは証言と各種資料を合わせたもので、これがきっかけで映画が実現した。私の印象としては、密度という点では、書籍が映画を超えていると思う。

当時の報道(ニュース映像も見られる):
Army kills 13 in civil rights protest
http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/january/30/newsid_2452000/2452145.stm
Major General Robert Ford, Commander, Land Forces Northern Ireland, who was in charge of the operation, insisted his troops had been fired on first.
_
"There is absolutely no doubt at all that the Parachute battalion did not open up until they had been fired at," he said.
続きを読む
posted by nofrills at 10:00| todays_news_from_uk/northern_ireland/basic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

「武装部門のある政治組織」が選挙に勝利して。。。

"I don't see how you can be a partner in peace if you advocate the destruction of a country as part of your platform. And I know you can't be a partner in peace if your party has got an armed wing."
_
-- GWB, 26 January 2006 (source)


ニュースでGWBがつっかえながら上記のように述べるのを先ほどニュースで見た。

ニヤニヤすべきことではないのだが、あまりにもどっかで聞いたような気がしすぎて、ニヤニヤしてしまった。続きを読む
posted by nofrills at 21:00| 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

資料:2005年総選挙でBNPが候補者を立てたところ。

資料:2005年総選挙でBNPが候補者を立てた選挙区とその結果。
http://www.stopthebnp.org.uk/index.php?location=er2005

ロンドンでは
- Barking(東ロンドン、川のすぐ北) ※ロンドン地区で唯一得票率10%超(16.9%)。候補者Richard Barnbrookは無名でもない。

- Bexleyheath & Crayford(東ロンドン、川のすぐ南、ロンドンの東端)

- Dagenham(東ロンドン、川のすぐ北)

- Eltham(東ロンドン、川の南)

- Enfield North(北ロンドン、ロンドンの北端)

- Erith & Thamesmead(東ロンドン、川のすぐ南)

- Hayes & Harlington(西ロンドン、ロンドンの西端)

- Hornchurch(東ロンドン、川のすぐ北、ロンドンの東端)

- Old Bexley & Sidcup(東ロンドン、川の南)

- Romford(東ロンドン、川の北、ロンドンの東端)

- Upminster(東ロンドン、川の北、ロンドンの東端)

- Uxbridge(西ロンドン、ロンドンの西端)

ロンドン選挙区マップ(グレーで塗ったのが上記の選挙区):
LondonParliamentaryConstituenciesNumbered.gif

※画像はWikipediaのものを加工。
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:LondonParliamentaryConstituenciesNumbered.png

番号との照合は:
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Parliamentary_constituencies_in_Greater_London続きを読む
posted by nofrills at 17:05| london_basic_info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

コニカミノルタがカメラ/写真事業から撤退の報。

コニカミノルタ、カメラから撤退 ソニーが「α」を継承
2006/01/19 15:41 更新
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0601/19/news047.html
_
 コニカミノルタホールディングスは1月19日、カメラ事業、フォト事業から撤退すると発表した。カメラ事業は3月末で終了、デジタル一眼レフカメラの一部資産はソニーが取得し、同社は「αマウント」に準拠したデジタル一眼レフカメラ(DSLR)を今夏に発売する計画だ。
_
 コニカミノルタは「デジタルカメラではCCDなどのイメージセンサー技術が中心となり、光学技術やメカトロ技術などの強みだけでは競争力のある強い商品をタイムリーに提供することが困難な状況」と撤退理由を説明している。銀塩フィルムなどのフォト事業も、デジタル化の進展で市場が縮小し、収益性が悪化。昨年11月にはフォトイメージング事業の縮小とリストラ策を発表していた…略…。
_
 カメラ業界では昨年、京セラがカメラ事業から全面撤退している…略…。デジタル化の進展は優勝劣敗の原則を加速させ、ついに名門カメラメーカーをも撤退に追い込んだ。
_
…略…
_
 旧ミノルタは1928年創業の「日独写真機商店」が翌年、第1号機「ニフカレッテ」を発売してカメラ事業をスタート。…略…
_
 旧コニカは、前身の「小西本店」が1902年に「チェリー手提用暗函」、翌年には国産初の印画紙を発売。1940年には国産初のカラーフィルムを発売し、その後「サクラカラー」で親しまれた。…略…


英語記事@ロイター:
Konica Minolta to quit camera, photo business
Thu Jan 19, 2006 7:37 AM GMT10
http://today.reuters.co.uk/news/newsArticle.aspx?type=technologyNews...

英語記事@Google News:
http://news.google.co.uk/news?...

Flickr: tagged="konica"
http://www.flickr.com/photos/tags/konica/clusters/

Flickr: tagged="minolta"
http://www.flickr.com/photos/tags/minolta/clusters/続きを読む
posted by nofrills at 19:50| 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロックスターになりたかった男(19日英Channel Four夜の番組)

1970年ごろの有名なロック・オペラでJesus Christ Superstarというのがあって,何だかんだ物議をかもした作品であるらしいが,その最も有名な曲はイングランドのフットボール・スタジアムで"George Best, superstar"という替え歌(←私が持っている版のロンリー・プラネットのBritish Phrasebookに書いてある)として歌われたりしていた。

そんな時代,スコットランドはエディンバラのフェテス校という名門パブリックスクール(「スコットランドのイートン」とも称される)に在学していた少年がいた。1970年ごろでも昔ながらのfagging(上級生が下級生を小間使いのように扱うパブリックスクールの慣習)が行なわれていたこの学校の中で,彼はお行儀がよいとは言えず,放校処分寸前までいったそうだ。

当時の彼のことを同級生は「規則を破ることはなかったが,規則をおちょくっていた。教師を激怒させては罰を免れるゲームを楽しんでいた」と振り返る。「例えば,1学期に4度髪を切ることという校則があったが,長髪がかっこよかった時代だから彼はその校則が気に入らなかった。そこで彼は夏学期の最初の4日に4度散髪した。『そろそろ散髪をしなさい』と言われたら『もう4度済ませています』としれっと答えていた。」

別の同級生は,「彼はミック・ジャガーを真似ていた」と語る。「ミック・ジャガーをそれはもうじょうずにコピーしていた。ロックスターになりたがってるのだということが伝わってきた。」

A-levelでAを2つとCを1つの成績で1971年にフェテス校を卒業した少年は,翌72年にオクスフォード大学セント・ジョンズ・コレッジに進む前にギャップ・イヤーをとり,ロンドンに出た。そしてコルネット氏という人とともに,彼は音楽ビジネスに入った。続きを読む
posted by nofrills at 18:12| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

BBCの映像ライブラリの件。

しばらく前になりますが,「BBCが過去の重大ニュースの映像を,ユーザーが編集したりできるような形(Creative Archive Licence)で公開」というニュースがありました。(→CNetの1月4日記事

BBCでの特設ページは下記です。
http://www.bbc.co.uk/calc/news/index.shtml

DLするにはアカウントを作ったりしなければならないので,DLはしていませんが(というかUK外からはDLできないと思うんですが),どんな映像があるのかをざっと見てみました。

※「UK外からはDLできない」点については,説明のページおよびFAQのページを参照。端的にまとめると,「TV Licenceをvalue for moneyなものにするためのBBCの取り組みとして,クリエイティヴ・コモンズに触発されたクリエイティヴ・アーカイヴを立ち上げたので,TV Licence料を納めていないUK外居住者は対象外」ということになるかと思います。いずれにせよ,「公共」という点でとても興味深い試みです。

なお,BBCの過去の映像クリップは,DLするだけ(編集したりしない)なら,BBC Motion GalleryはUK外にもオープンです。(詳細は記事の最後に。)続きを読む
posted by nofrills at 19:31| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日のBBC Newsのトップ記事は東証の件。

「ライブドアに強制捜査→同社関連株ストップ安→株式市場大混乱→東証のシステムの処理能力の限界を超える→東証,取引時間を20分残した状態で,株式やCBなどの売買を全面停止」ということが本日あり,日本でのトップニュースもその件についてのものですが(→共同通信記事@Yahoo:リンク切れてたら魚拓),さっきBBC NEWSのトップページ(国際版)を見てみたら,その「東証取引停止」がトップ記事になってました。下はキャプチャ画像。

bbc_18jan2006.png

記事はこれ。
Selling panic closes Tokyo market
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/4623076.stm

Google News (UK)では,記事は現時点で720〜730件。
http://news.google.co.uk/news?ned=uk&ncl=http://www.bloomberg.com/apps/news...続きを読む
posted by nofrills at 19:20| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

ジョージ・ベストにファンが捧げたサッカーシャツは南アフリカへ。

10日の記事ですが・・・

ジョージ・ベストの葬儀のときにベルファストの自宅にファンが持ってきたサッカーシャツが,お姉さん(or妹さん)夫妻によって,南アフリカの子供たちに贈られたそうです。

シャツが届けられたのは,南アのKwaZulu Natalという州にある貧しい地域。子供たちがプレイしているピッチは坂になってる場所にあり,しかもアリ塚ででこぼこになっているが,少なくともアリ塚は人力で取り除けるし,これをきっかけとして12ヶ月もしたら立派なピッチになって,熱心なチームがここから誕生するかも,とジョージ・ベストの義兄(あるいは義弟)は語っています。

Best shirts find South African home
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4597084.stm

お姉さんの言葉:
"Football, anywhere in the world, if it gives any child a chance to come through and shine, George would have loved it - he just adored the game," she said.
続きを読む
posted by nofrills at 00:56| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

北アイルランドOTR法案,ゴミ箱行き。

OTR法案が廃案だ! 久々のいいニュースじゃないか。

。。。って,実は何も変わらないのだけど,少なくとも悪い最悪の方向に変わることは避けられた。

「OTR法案」とは,北アイルランド,グッドフライデー合意(1998年)までに政治的な背景からなされた犯罪の実行者に対する「事実上の恩赦」を行なうとする法案,The Northern Ireland (offences) bill (通称はon-the-run bill,つまり「OTR法案」)。英文記事で"scrapped"とか"withdrawal"という表現があるので,完全に「廃案」。ガーディアンでは「元法案(ex-bill)」と書かれている。

アイルランド共和国での同様の法律の整備も,このためにストップ(Irish Times記事)。

Google News UKの関連記事は150件超。

otr-scrpd.png

Peter Hain's statement
http://politics.guardian.co.uk/northernirelandassembly/
story/0,9061,1684049,00.html


前置き部分(議員への報酬などで巨額の費用が支払われているのにサスペンドされたままの北アイルランドのアセンブリーを機能させることに今年は全力を注がねばならない,とかいう話)が長く続いたあとでようやくこの件についての話が始まっている。

Government scraps fugitive plans
Last Updated: Wednesday, 11 January 2006, 13:11 GMT
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4602314.stm
The government's controversial proposals on paramilitary fugitives are being withdrawn, Northern Ireland Secretary Peter Hain has said.
_
...
_
Mr Hain told Parliament the legislation was necessary but Sinn Fein's rejection of it made it unworkable.


労働党としては,「シン・フェインが反対したから」を口実としたいようだけれども,反対したのはシン・フェインだけではない。というかあの法案を支持していたのは労働党とシン・フェインだけで,シン・フェインが「英国治安当局の犯罪行為も特別措置の対象となる点で党内の反対意見が非常に強い」ことを理由に法案反対に回ってからは,労働党しか支持してない状態になっていた。

このOTR法案は元々ユニオニストの政党はすべて強硬に反対していた。(なぜならば元からシン・フェインが深く深く関わって作られたものだから。)というわけで,ユニオニスト側のメディア,ベルファスト・テレグラフの勝利宣言をお読みください。

Viewpoint: OTR U-turn a victory for people power
12 January 2006
http://www.belfasttelegraph.co.uk/news/opinion/story.jsp?story=675567続きを読む
posted by nofrills at 22:12| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。