2006年01月12日

北アイルランドOTR法案,ゴミ箱行き。

OTR法案が廃案だ! 久々のいいニュースじゃないか。

。。。って,実は何も変わらないのだけど,少なくとも悪い最悪の方向に変わることは避けられた。

「OTR法案」とは,北アイルランド,グッドフライデー合意(1998年)までに政治的な背景からなされた犯罪の実行者に対する「事実上の恩赦」を行なうとする法案,The Northern Ireland (offences) bill (通称はon-the-run bill,つまり「OTR法案」)。英文記事で"scrapped"とか"withdrawal"という表現があるので,完全に「廃案」。ガーディアンでは「元法案(ex-bill)」と書かれている。

アイルランド共和国での同様の法律の整備も,このためにストップ(Irish Times記事)。

Google News UKの関連記事は150件超。

otr-scrpd.png

Peter Hain's statement
http://politics.guardian.co.uk/northernirelandassembly/
story/0,9061,1684049,00.html


前置き部分(議員への報酬などで巨額の費用が支払われているのにサスペンドされたままの北アイルランドのアセンブリーを機能させることに今年は全力を注がねばならない,とかいう話)が長く続いたあとでようやくこの件についての話が始まっている。

Government scraps fugitive plans
Last Updated: Wednesday, 11 January 2006, 13:11 GMT
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4602314.stm
The government's controversial proposals on paramilitary fugitives are being withdrawn, Northern Ireland Secretary Peter Hain has said.
_
...
_
Mr Hain told Parliament the legislation was necessary but Sinn Fein's rejection of it made it unworkable.


労働党としては,「シン・フェインが反対したから」を口実としたいようだけれども,反対したのはシン・フェインだけではない。というかあの法案を支持していたのは労働党とシン・フェインだけで,シン・フェインが「英国治安当局の犯罪行為も特別措置の対象となる点で党内の反対意見が非常に強い」ことを理由に法案反対に回ってからは,労働党しか支持してない状態になっていた。

このOTR法案は元々ユニオニストの政党はすべて強硬に反対していた。(なぜならば元からシン・フェインが深く深く関わって作られたものだから。)というわけで,ユニオニスト側のメディア,ベルファスト・テレグラフの勝利宣言をお読みください。

Viewpoint: OTR U-turn a victory for people power
12 January 2006
http://www.belfasttelegraph.co.uk/news/opinion/story.jsp?story=675567続きを読む
posted by nofrills at 22:12| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。