2006年02月13日

「英軍暴行ビデオ」の件。

あるビデオを見た。

Tシャツにジーンズといった服装の何人かが、10人足らずの迷彩服の連中に、白い色をした何か壁のような巨大な門扉のようなもののこちら側(白い椅子がある)へ力ずくで連行され、文字通り、殴る蹴るの暴行を受けている。

暴行を受けているのは、体つきから判断するにまだ子どもじゃないかと思ったら、やはりteenagerらしい。

映像の撮影者らしき人物が、明らかに興奮して、「イエ〜ス、イエ〜〜ス」とか言ってる。鼻息も入っている。(正直、非常に気色悪い。)

またもや「News Of The Worldに特ダネのタレコミがあった」ということを、イラクのブログ(下記3箇所)で知った。
http://twentyfourstepstoliberty.blogspot.com/2006/02/...
http://truth-about-iraqis.blogspot.com/2006/02/...
http://baghdadtreasure.blogspot.com/2006/02/...

その特ダネってのが、私の見たビデオだ。続きを読む
posted by nofrills at 18:34| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郵政民営化先進国で郵便局が閉鎖される可能性とストライキの可能性。

もう何年も聞いていないように思うが、英国で郵便ストの可能性が急浮上。記事でははっきりわかんないんだけど、月曜日、って今日?

ストの影響を受ける可能性があるのはロンドンの北部と西部。ただしストを行なう組合に属さない職員で対応し、利用者への影響は少なくなるとのこと。

Post Office staff to stage strike
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/4706072.stm

ストの理由は「郵便局閉鎖反対」。続きを読む
posted by nofrills at 16:22| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国でのクレジットカードの使い方が変わります。

※追記あり(本文太字の箇所)。

今週水曜日(15日)から、英国の商店・飲食店などでICクレジットカードを使って支払いをする際、PIN(personal identification number:暗証番号)を入力しないと、カードでの支払いを拒否されるかもしれなくなります。(署名での本人確認は、基本的に廃止の方向です。)

つまり、キャッシングだけでなく買い物でもカードの暗証番号が必要になるということです。

日本ではクレカの暗証番号は買い物では使わないので、忘れてしまっている方で英国旅行などご予定の方は、必ずご出発前に暗証番号を確認していってください。

また、磁気テープのクレジットカードをお持ちの方は、ICのカードに切り替えて行ってください。(その方が無難だそうです。)

詳細は:
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/4705842.stm
http://www.moneynet.co.uk/news/credit-cards-brits-
ready-for-chip-amp-pin-15134937.shtml

http://www.chipandpin.co.uk/続きを読む
posted by nofrills at 16:20| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。