2006年03月21日

訃報:Humphrey the Downing Street cat

かの有名な「英国の首相官邸の猫さん」、ハンフリーが亡くなった。1989年(サッチャー政権だよ、をい)に官邸に迷い込んできたということ以外、年齢の手がかりはないので、天寿をまっとうしたのかどうかはわからないが、少なくとも悲運の早世ということはないだろう。合掌。

Downing Street cat Humphrey dies
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/4823834.stm

Please paws in memory of Humphrey the first moggy
http://blogs.guardian.co.uk/news/archives/2006/03/20/
please_paws_in_memory_of_humphrey_the_first_moggy.html
続きを読む
posted by nofrills at 00:46| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

ひでー。ジェリー・アダムズは米国でまだ「テロリスト」扱いか。

悪趣味で、なおかつちょっと早いエイプリル・フールのネタかと思ったんですが、恒例の聖パトリックス・デイ訪米中のジェリ・アダムズご一行が、空港で足止めを食って、予定されていたスピーチに間に合わなかったそうです。

Delay scuppers Adams' US speech
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/4819424.stm

Brian Higgins議員の招きでワシントンからバッファローのアイリッシュ・センターに向かっていたGAご一行、空港でセキュリティ・チェックを受けていたため、時間に間に合わず。。。

Higgins議員が聴衆に説明したところによれば、「ジェリー・アダムズ氏とその同行者の名前がワシントンの空港の『テラー・ウォッチ・リスト』に載っていたため、空港のチェックで長くかかってしまい、間に合いませんでした」とのこと。Homeland Security ではコメントなし。続きを読む
posted by nofrills at 23:10| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

グアンタナモ行きとなった英レジデントはMI5のエージェントだった。

記事閲覧が有料化される前に読んどけ、な記事@インディペンデント。ものすごい長いんですが。

MI5, Camp Delta, and the story that shames Britain
http://news.independent.co.uk/world/americas/article351561.ece
Bisher al-Rawi and Jamil el-Banna are among eight British residents who remain prisoners at the U.S. Naval Air Station at Guantanamo Bay, Cuba. They are jailed because British officials rendered them into the hands of the CIA in Africa, a fact that may explain why the British government refuses to intercede on their behalf. Bisher and Jamil have been wrongfully imprisoned now for more than three years. This is the story of their betrayal by the British government and their appalling treatment at the hands of the CIA and the U.S. military.
続きを読む
posted by nofrills at 07:05| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

ミロシェヴィッチの死因は何だったのか、メディアは推測・憶測いっぱい。

※この件についての記事クリップ(今のところBBCばかりですが):
http://b.hatena.ne.jp/nofrills/Slobodan%20Milosevic/

googlenews_milosevic.gif

気になるので朝イチでキャプってみたGoogle Newsトップページ。

各記事リンク(見出しと最初の3パラグラフつき):

BBC
http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/4799880.stm
Milosevic died of heart failure
_
Preliminary results from the autopsy conducted on Slobodan Milosevic indicate he died of a heart attack, a Hague tribunal official says.
_
He was speaking before full results of the autopsy were made public.
_
The former Yugoslav president was found dead on Saturday in the Netherlands, where he was on trial for war crimes.
続きを読む
posted by nofrills at 06:23| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

訃報2件:ジョン・プロヒューモ、スロボダン・ミロシェヴィッチ

「誰それが死去」というニュースに、哀悼の意をおぼえるとかいうより前にただびっくりすることが時々ある。この週末に入ってきた2件の死亡報道が、2件ともそうだ。

ジョン・プロヒューモが死去し、スロボダン・ミロシェヴィッチが死去した。

プロヒューモは年齢が年齢だし、プロヒューモより年下の英国の政治家も特に昨年は次々と亡くなったし、「そうか、亡くなったのか」でびっくりした状態は終わらせられたが、ミロシェヴィッチについてはいまだにびっくりが続いている、という感じ。続きを読む
posted by nofrills at 23:59| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

北アイルランド、テロ組織壊滅作戦進行中か。

2月12日、ガーディアン/オブザーヴァーに、「UVF活動停止」の記事が出た。UVFはエドワード・カーソンの時代のNI分離派過激派武装組織の名前を頂戴した武装組織(法的に「テロ組織」認定済)である。(UVF = Ulster Volunteer Force)

UVF says the war is over at last
http://www.guardian.co.uk/Northern_Ireland/Story/0,,1708098,00.html

昨年「武装闘争終結」を宣言し、武器を使えない状態にしたが組織解散はしていないPIRAと異なり、UVFは武器は放棄しないが、組織を解散すると宣言した。

その1週間後、同じくガーディアン/オブザーヴァーに、元UDA幹部であるジョニー・アデールのインタビューが掲載された。(UDA = Ulster Defence Association)

Trust IRA, Mad Dog Adair tells loyalists
http://www.guardian.co.uk/Observer/politics/story/0,,1713136,00.html

ジョニー・アデールはUDA内部の権力抗争で失脚し、UDAから狙われるようになり、スコットランドに「亡命」している。その亡命先で「元親分」が「IRAを信頼すべきだ」と発言したことの意味は、私には実はよくわからなかったし、今もわからない。

UDAは11月に活動停止に向けた動きがあったことはあったが、それきり展開がなくなっていた。

が、ここ数日、UDA周りが騒がしい。

3月2日(木)、ベルファスト北部のロイヤリスト地域のパブに警察(PSNI)が踏み込み、17名を身柄拘束した。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4769084.stm

3日(金)、警察はこの家宅捜索について「ロイヤリストの武装組織UFFによる示威的行動(<「暴動」の婉曲表現)」をターゲットにしたものだと説明した。(UFF = Ulster Freedom Fighters; UDAと実質同じ。)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4771668.stm続きを読む
posted by nofrills at 10:16| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BBCの番組、「真実と向き合う」

政治的動機による「テロ」であれ、政治的動機によらない「犯罪」であれ、誰かが誰かによって殺されたとき、殺された人の家族や友人が、殺した者を恨み憎悪することは「人間的」なことだと思う。

「殺す」という行為があまりに広く大規模に行なわれる場合には――例えばルワンダ大虐殺のように――恨み憎悪するための特定の個人を特定することすらできなくて、それどころか家族や友人の誰かの生死すら不明になることもあり、そういう「現実」を知れば知るほどに、ここにいる私は無力感を噛みしめる。

一方で、殺した者と殺された人の家族との間で「対話」があった、などと知ると、そのことだけで、まだ私は、「人間的」なる何かに希望を見出そうとする。(過去記事リンクを下につける。)

“自分”には関係ないのに。

先週末から今週にかけて、3夜連続で、BBC2で3回シリーズもののドキュメンタリーが放映された。

Facing the Truth
http://www.bbc.co.uk/bbctwo/programmes/index.shtml?id=facing_truth
A groundbreaking series in which victims and perpetrators of Northern Ireland's conflict meet for the first time. Archbishop Desmond Tutu, the world's champion of truth and reconciliation, oversees these remarkable encounters.
_
Sat 7.50pm, Sun 8pm, Mon 9pm
続きを読む
posted by nofrills at 09:32| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

Wallace and Gromitが最優秀アニメーション映画賞@オスカー

アカデミー賞が全部門決定したそうです。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/4771586.stm

最優秀アニメーション映画賞はW&Gでした。(^^)
Best animated feature film
Winner: Wallace and Gromit in the Curse of the Were-Rabbit


4日付け、ニック・パークのインタビュー:
http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/4767214.stm

これに加えて、最優秀助演女優賞がレイチェル・ワイズ(<英国人、『コンスタント・ガーデナー』)でBBCは沸いています。続きを読む
posted by nofrills at 13:57| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

「ハマスとIRA」に関する論争

過日パレスチナの評議会選挙でハマスがファタハを破り・・・どころか圧勝したとき、世界各地で同時多発「orz」になったのではないかと私は勝手に思っているのだが、私は頭が悪いし思いやりもないので、「orz」になるほどの考えなどなく、ただ単に「うひゃあ」と「わちゃあ」の混ざったような声を発し、ブラウザを立ち上げてニュースサイトを開き、検索窓に次のような文字列を打ち込んだのであった。
IRA Hamas

;−)

数日も経つと北アイルランドからわらわらとその関連の記事が出てきて、「(IRA/シン・フェインが変わったように)ハマスも変わらなきゃ」ってなるんだろうか、とか、そういう場合、カリスマ党首ジェリー・アダムズはどう熱弁を振るうんだろうか、とか、ちょびっとずつ空想だか妄想だかしてはニヤニヤしていたのだが、ニヤニヤしたことで満足してしまって、多分ブログには何も書いていない。orz (あとから自分で探せるようにメモをストックしているのがこのウェブログの本質であるのだが。)

これ、実は論争になってて――というか予想通りなのだが、「IRAが変わったようにHamasも変わるさ!」という論と、「IRAとHamasは根本的に違うのだからそれはまったく的外れな話だ!」という論とが仁義なき結論なき闘いになっていたのである。双方「!」つきで。続きを読む
posted by nofrills at 22:10| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訃報:Jack Wild(英俳優、Oliver!のアートフル・ドジャー役)

Oliver! star Jack Wild dies at 53
http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/4765996.stm

英国の俳優Jack Wildが亡くなった。口腔癌のためかなり長く闘病生活を送っていた。享年53。

キャロル・リード監督のミュージカル映画『オリバー!(Oliver!)』(1968年)のアートフル・ドジャー役で知られる。
http://www.imdb.com/title/tt0063385/


↑このパッケージ写真の上の段の一番左が「アートフル・ドジャー」。続きを読む
posted by nofrills at 21:00| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。