2006年04月06日

デニス・ドナルドソン殺害事件、4月5日の記事から。

デニス・ドナルドソン殺害事件について、今あれこれ読んだからといってそれをまとめても「事件の真相」とかいったことからは遠い話になるかもしれないのだが(何しろまだ検死結果も出てないような段階である)、こういう複雑なバックグラウンドを持つ事件をメディアがどう伝えているかということを書き留めておく意味で。

以下、ガーディアンを中心に。

--------------------

※4月5日深夜(6日早朝)に書いたものを6日夜に清書してからアップロードしているため、最新情報ではありません。検死結果は日本時間の6日の昼間には出ました。続きを読む
posted by nofrills at 23:58| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭にくるthe Independentの根拠のない断定。

英国の全国紙で「クオリティ・ペーパー」と呼ばれる新聞のなかに、the Independentってのがある。創刊は1980年代だったか、とにかく新しい新聞で、労働党とthe Guardianとか保守党とthe Daily Telegraphとかいう関係が明確な英国の新聞界の中で、文字通り「ヒモついてません」的なスタンスで売ってきた新聞だ。(だけど2005年の総選挙のときは新聞あげてLibDemについたのだが。)

さっき、デニス・ドナルドソン殺害(1つ前の記事参照)についてのこの新聞の記事を読んだのだが、エイプリルフールでもないのに何を冗談かましてやがるって感じ。

何にもわかってないような段階で「ドナルドソン殺害はIRAの仕業なのではないか。そういうのは何も珍しいことじゃないだろう」と言うことが、「冗談」と呼べるのであれば、だが。

下に引用するのは、17段落もある記事の4段落目。ここまで読んでその先は読んでない。紙で読んでたら破いてるね、ほぼ間違いなく。

The Execution: How an IRA man turned British spy met his brutal end
By David McKittrick, Ireland Correspondent
Published: 05 April 2006
http://news.independent.co.uk/uk/ulster/article355812.ece
There is no mystery about why he was killed, since the IRA makes no secret of its hatred and contempt for informers and agents in its ranks. Republican organisations have killed many over the centuries, including scores in recent decades. But the question is exactly who killed him and whether his assassination was sanctioned by the IRA leadership. The answer will determine the immediate political future of Northern Ireland.
続きを読む
posted by nofrills at 00:57| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。