2006年04月15日

あの「お父さんたち」が分派していた!(そして受難劇をウェストミンスターで)【記事移動】

※散発多発すぱむ発生により、ゆーあーるえるを変更することを余儀なくされたための記事移動です。

英国で、「離婚しても子供に会う権利」を求めて派手なキャンペーンだかパフォーマンスだかを繰り広げてきたFathers 4 Justiceについては、これまでに何度か、ニュース記事になるたびに、ここに書いてきた。

ちょいとまとめ的な記事@2004年11月:
http://ch.kitaguni.tv/u/917/todays_news_from_uk/0000153516.html

国会で紫の粉をブレアにかけたり(警備体制が大問題となった)、バッキンガム宮殿に登ったりといろいろ活躍してきた彼らだが、何とこの1月に解散していたのだそうだ。

そしてその残党が結成した集団が……Real Fathers for Justice!!

ぶわはははは。毒効きすぎ。(Provisional IRAが路線変更してからReal IRAが分派したことを連想されたし。)

この件、英語で読むともっと面白いので(語彙と文の基本形が):
Real Fathers for Justice is a splinter group of the high profile Fathers 4 Justice, which disbanded in January.


比較対照のためにReal IRAについての説明的記述:
The Real IRA are a small splinter group of former Provisional Irish Republican Army members opposed to the peace process marked by the Good Friday Agreement. [source]
続きを読む
posted by nofrills at 07:27| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロイヤリスト武装組織UVFはまだ「戦争中」。

UVF、「われわれの辞書に『武器を棄てる』はない」ってさ。。。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/news/story.jsp?story=686796

※この記事は移動しました。移動先は:
http://nofrills.seesaa.net/article/22650856.html
posted by nofrills at 02:43| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。