2006年05月07日

内閣改造の意味を深読みする――本編。

というわけで、英国の外交からジャック・ストローが外された件について。

先月、シーモア・ハーシュが『ニューヨーカー』で「ブッシュ政権はイランを核攻撃する」と書いた(→その記事@truthout)とき、ジャック・ストローは「イランを核攻撃するなどまったく正気の沙汰ではない("completely nuts")」と述べた。
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2006/04/09/ustraw09.xml

その前から、ストローはイラン攻撃に極めて否定的(「慎重派」以上)だった。さっと見つかるところで、例えば4月2日のテレグラフが英国政府(国防省など)内部でイラン攻撃についての話し合いがもたれたことを報じているが、その記事内で「前月、ストロー外相はイラン攻撃は想像もできないこと("inconceivable")と述べた」とある。(元記事もちょっと探せばすぐ見つかるが省略。)

そういう外務大臣が、英国の外交からいなくなった。「地方選大敗を受けての内閣改造」のドサクサにまぎれて。続きを読む
posted by nofrills at 20:30| todays_news_from_uk/reshuffle2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内閣改造の意味を深読みする――前置き。

地方選での大敗を受けて、ブレアは内閣を改造した。これがもう、サプライズ人事。

新しい内閣のみなさんの一覧:
http://news.bbc.co.uk/1/shared/spl/hi/guides/456900/456937/html/nn1page1.stm

地方選の直前に、労働党には2つの大きな問題が浮上していた。1つはプレスコット副首相の不倫、もう1つは重犯罪を犯した外国籍の者を強制送還すべきところ、強制送還の手続きが行なわれぬまま出所させていたという問題で、こちらはクラーク内相。

投票日の英メディアは、プレスコットは間違いなくクビだろう、という観測だったのだが、実際にはプレスコットは留任(ただし権限を大幅に削られた)。クラークはクビで、後任に国防相だったジョン・リード。前々から多くの問題にさらされてきた「若手女性政治家@30代」のケリー教育大臣もクビ(→機会均等大臣に)。この辺は、まあわかる。(ジョン・リード内相は意外だけども。)

最大のサプライズは外務大臣だ。ジャック・ストローが外務大臣の職を解かれた。(「職を解かれた」という表現がぴったり正確であるかどうか、やや疑問だが、そういうことだと判断している。)

Clarke is fired in Cabinet purge
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/4975938.stm
The prime minister is trying to regain momentum after one of the worst local election results in Labour's history.
_
Mr Clarke will be replaced by Defence Secretary John Reid. Margaret Beckett is the new foreign secretary, with Jack Straw becoming Commons leader.
_
John Prescott will stay as deputy prime minister but lose his department. Trade Secretary Alan Johnson gets education.
続きを読む
posted by nofrills at 15:50| todays_news_from_uk/reshuffle2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イズリントンでLabourが伸びた理由(イングランド地方選)

地方選では結局、ロンドンでは労働党は、ハリンゲイ、ハックニー、タワーハムレッツ、ランベス、ニューアム、グリニッジ、バーキング&ダゲナムの7区でしか過半数を取れなかった。保守党は15取ってる。単独過半数なしは8、LibDemは3。今回Labourが落とした区は9にものぼる。いくら「基本的にイングランド南部ではLabourは弱い」といっても、これはひどい。

localelection-final.png

解説記事:
Third place in country and battered in London - Labour revisits 2004 nightmare
http://www.guardian.co.uk/guardianpolitics/story/0,,1768858,00.html

労働党過半数のカウンシルの中でも、バーキング&ダゲナムはBNP大躍進(とほほ〜〜)だし、タワーハムレッツはRespectがいきなり2ケタに乗せてきた。続きを読む
posted by nofrills at 14:55| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

Bobby Sands

ボビー・サンズ。1954年3月9日、北アイルランド東部Newtownabbeyにて生まれる。1981年5月5日、2ヶ月あまりのハンストの末、メイズ(ロング・ケッシュ)刑務所で餓死。享年27。
http://en.wikipedia.org/wiki/Bobby_Sands

25年目の命日にWikipediaを見たら、vandalismが発生していた。
bs-wiki.png続きを読む
posted by nofrills at 20:32| todays_news_from_uk/northern_ireland/people | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

On This Day: 05 May: 1981: Bobby Sands dies in prison

1981年の北アイルランドでのハンストで、初の死者が出てから今日でぴったり25年である。

まずは、ハンストとはどのようなものか、ハンストを体験した人の証言を(孫引きなのだが)。

You lose the fat first. Then your muscles start to go and your mind eats off the muscles, the glucose in your muscles and you can feel yourself going. You can actually smell yourself rotting away. That was one of the most memorable things for me: the smell, the smell of almost death from your own body... Your body starts to eat itself. I mean that's basically what happens during the hunger strike, until the point where there's no fat left, no muscles left, your body then starts to eat off your brain. And that's when your senses start to go. Your eyesight goes, your hearing goes, all your senses start to go when the body starts to eat off the brain.
_
-- Brendan Hughes, 'Dying for Ireland', Insight, UTV, 27 February 2001 (from Justin O'Brien, "Killing Finucane", Gill and Macmillan, Dublin, 2005, p.39)


こう証言するBrendan Hughesは、1980年10月から12月にかけて、獄中でハンストを行なったひとりである。より正確には、当時この刑務所内のIRAのOfficer Commanding(総司令官:当時のIRAには軍隊式階級があった)だった。

ハンストに入ったブレンダン・ヒューズの後を受けてOCになったのが、ボビー・サンズである。

2006年5月5日は、このボビー・サンズが死んでから25年目にあたる。彼が獄中で餓死したのは27歳のときで、生きていれば52歳だ。

BBCのOn This Dayの記事:
On This Day: 05 May: 1981: Bobby Sands dies in prison
http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/may/5/newsid_2728000/2728309.stm

これは当時の記事である。当時の北アイルランド担当大臣、Humphrey Atkinsのコメントを読むと、当時の英国政府(サッチャー政権)のスタンスが非常によくわかる。

つまり「勝手にハンストして勝手に死んだ」のだ、と。続きを読む
posted by nofrills at 19:32| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イングランド地方選。

まだ開票中だけど、徐々に結果が出揃ってきつつある。概況としてはLabour大敗。Labourが負けた分はConservativeとLibDemに行っている。それだけではない。BNPも議席倍増の勢いだ。

保守党は1992年以来の勝利(1992年=メイジャー政権)、LibDemは伸び悩み。労働党は前回(2004年)に続く大敗だが、党としては「前回と比較して大敗しているとは言えない」と言うだろうとガーディアンの中の人

リアルタイムでどうぞ:
http://news.bbc.co.uk/1/shared/bsp/hi/vote2006/locals/map/html/map.stm
この地図で濃いグレーのところは今回選挙なし。黒は単独過半数なし、青は保守党が単独過半数、赤は労働党が単独過半数、黄色(山吹色)はLibDemが単独過半数。薄いグレーが開票中。この薄いグレーが次々と青または黒で埋まっていくという感じ。
localelection2006.png

Labour敗北のツケは、ブレアにではなくプレスコット副首相(@不倫スキャンダル真っ最中)に回されるようだ。地方選の結果が確定したあとの内閣改造でプレスコットは副首相から下ろされるという観測が各メディアに出ている(例:ガーディアン)。
■追記:この観測は外れました。続きを読む
posted by nofrills at 12:45| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

『ナイロビの蜂』(小説)/V for Vendettaのガイ・フォークス

映画『ナイロビの蜂』のロードショーがそろそろ始まる。
http://www.nairobi.jp/

映画の原作はジョン・ル・カレの小説。日本では集英社文庫で出ている。(下の表紙画像は映画化前のもの。現在書店に並んでいるものは映画の写真が使われています。)
ナイロビの蜂 上巻 ナイロビの蜂 下巻

英語での原題はThe Constant Gardenerという。このConstant Gardenerというのは、主人公である在ナイロビ英国大使館勤務の地味な外交官ジャスティン・クエイルの人物像。
the constant gardener
(表紙が「映画化されました」仕様だが。)

英国に詳しい人なら、原書(英語)で読んだ方がいいかもしれない。この作品での「英国人」や「英国」の淡々としていて同時に執拗なまでの(読むのがかったるいくらいの)描写は、多分英語で読むととても濃密な類の描写だ。それに安いし。(文庫本上巻の値段で原書なら全部読める。)

私は映画はまだ見ていないが、小説はしばらく前に読んだ。続きを読む
posted by nofrills at 18:30| 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。