2006年05月04日

『ナイロビの蜂』(小説)/V for Vendettaのガイ・フォークス

映画『ナイロビの蜂』のロードショーがそろそろ始まる。
http://www.nairobi.jp/

映画の原作はジョン・ル・カレの小説。日本では集英社文庫で出ている。(下の表紙画像は映画化前のもの。現在書店に並んでいるものは映画の写真が使われています。)
ナイロビの蜂 上巻 ナイロビの蜂 下巻

英語での原題はThe Constant Gardenerという。このConstant Gardenerというのは、主人公である在ナイロビ英国大使館勤務の地味な外交官ジャスティン・クエイルの人物像。
the constant gardener
(表紙が「映画化されました」仕様だが。)

英国に詳しい人なら、原書(英語)で読んだ方がいいかもしれない。この作品での「英国人」や「英国」の淡々としていて同時に執拗なまでの(読むのがかったるいくらいの)描写は、多分英語で読むととても濃密な類の描写だ。それに安いし。(文庫本上巻の値段で原書なら全部読める。)

私は映画はまだ見ていないが、小説はしばらく前に読んだ。続きを読む
posted by nofrills at 18:30| 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。