2006年05月18日

「下の下」――Ballymena少年襲撃殺人(3)

マイケル・マッカルヴィーン葬儀は、「プロテスタントもカトリックもない、バリミーナという場所全体の事件」であるということを示しはしたが、これはおとぎ話ではないので、これで対立が終わって“みんな”が仲良くなったりしない。

葬儀に参列した人の車が教会から出て行くときに、車に向かって、石を投げるという愚行をするロイヤリストがいたという(ガーディアンBBC)。Slugger O'Tooleではこれを「下の下(Lowest of the low)」というタイトルで報じている続きを読む
posted by nofrills at 21:27| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルティックのユニとレンジャーズのユニ――Ballymena少年襲撃殺人(2)

おそらくこれまでに何人もの「Michael McIlveen(マイケル・マッカルヴィーン)」がいて、しかもそれは北アイルランドだけでなく世界の各地にいて、マイケルのように命まで奪われなくても精神が殺されているような人たちもたくさんいる。

そういうことは、知らされることがなければ、あるいは知ろうとしなければ、知ることもない。知ったとしても「元々対立していた」というような“わかりやすい説明”を貼り付けて終わらせようとすることもある。イラクについての「シーア派」と「スンニ派」とか、あるいは1994年のルワンダの「ツチ」と「フツ」とか。

そこでは人の集まりはどこまでも「集団」であって、個人個人ではない。「スンニ派によるシーア派を狙ったテロ」で「15人が死に30人が負傷した」、「両者はかくかくしかじかの理由で対立している」(あるいは「スンニ派はシーア派に対抗している」)と説明されて終わりだ。死んだ15人それぞれの個など、省みられることもない。それが「紛争」ってもの、その現れ方のひとつだと思う。

「紛争は終わった」ことになっても、その紛争のメンタリティは終わるわけじゃない。IRAが武器をおいて、ストーモントのアセンブリーが再開したからって、「プロテスタント」対「カトリック」のメンタリティは過去のものになっていない。「紛争」真っ只中を知らないはずの10代後半の子たちが、「カトリック」を襲撃する。

人が「人間」である前に、「カトリック」であるようなナンセンス。

17日、Ballymena(バリミーナ)でマイケル・マッカルヴィーンの葬儀があった。1000人近くが参列したという。BBC Newsの北アイルランドのページのトップに、その記事があった。

greenandblue.png

偶然だが、葬儀の記事の隣には、ベルファストの「伝説」の壁画がお目見えしたという小さな写真つきのヘッドラインがある。続きを読む
posted by nofrills at 20:00| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜなら彼は「カトリック」だったから――Ballymena少年襲撃殺人(1)

ベルファストから北西に位置するCo Antrimに、Ballymenaという都市がある。
http://en.wikipedia.org/wiki/Ballymena

アイルランドのなかでもずいぶん昔から、隣からの侵略を受けてきた場所のひとつで、人口の大半がプロテスタントだ(CAINにある2001年のセンサスのデータによると、カトリックは20.97%)。というよりも、Ballymena選出の英国会議員は、過激な宗教指導者にしてDemocratic Unionist Partyという政党の設立者・党首であるIan Paisley(80歳)である、という事実の方が多くを語るかもしれない。ちなみに、俳優のリーアム・ニーソンはここの出身だ。

そのBallymenaで、今月初めにある事件が起きて、人が死んだ。

15歳の少年が、夜間に繁華街のピザ屋にピザを買いに出て、別の少年たちのグループに襲撃され、ぼこぼこにされた。襲撃された少年は何とか家まで戻り、即座に病院に搬送された。しかし命はもたなかった。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4752571.stm

その少年、Michael McIlveenはカトリックだった。彼を襲撃したのはプロテスタントの――いや、正確には「ロイヤリスト」と言うべきだが――10代男子のグループだった。

マイケルはほかの友人たちと一緒にテイクアウェイのピザ屋に出かけていた。その帰り道で、「ロイヤリスト」のグループが彼ら「カトリック」のグループを襲撃した。ほかの子たちは逃げることができたが、マイケルは追い詰められて、ぼこぼこにされたのだ。死ぬほどに。「カトリック」だったから。続きを読む
posted by nofrills at 19:28| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BBCのサイトのリニューアル――トップページにマーケット情報がついたり。

先日来リニューアル中のBBCのサイト。まずは検索が大きく変わった。色が全然変わったのでしばらく慣れなかったけど、機能は以前よりぐっと充実している。BBC News & Sportが統合されて記事が見つけやすくなったし、Audio & Videoが検索できるようになったのも、例えば人名・地名などの綴りはわかるが読み方がわからないときに音声で確認、という用途にもさっと使うことができるだろう。。。と思ったらUK国内でしか接続できない。(TVライセンスを払っている人にだけのサービス。)

ただ、検索結果表示画面で、デフォルトでAll of BBCの結果が表示されるようになったために情報量が多くなってしまい、目的の情報を見つけるのに時間がかかる。News & Sportsに切り替えればよいのだが、それでも一般ニュースにもスポーツニュースにも出てくるようなキーワード(例えば"London")だと、探すのに時間がかかる。以前のが電子事典だとすれば、今のは紙の事典という感じ。嫌いではないが、頭の中で考え事と調べものを並行しているときなどは、電子事典的なほうが「調べる」作業に集中できてよいかも。

また、今日気づいたのだが、BBC Newsのトップページにマーケット情報が掲載されるようになった(下図)。

bbc-top_mkt.png
posted by nofrills at 19:17| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UEFA Champions League final

[first half]
うはー。「まさか」が起きた。こんな形で、ピレス。。。

Live: Barcelona 0-1 Arsenal
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/europe/4991278.stm

BBCの掲示板によると、アーセナルの14番がハーフタイムにバルサの選手とシャツを交換したとかで(BBCラジオでそう言っていたそうです)。。。
http://www.bbc.co.uk/dna/mb606/F2241560?thread=3005811

以下追記。(試合終了後)

[second half]
Barcelona 2-1 Arsenal
http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/europe/4773353.stm

Champions League final photos
http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/photo_galleries/4989188.stm

......... Gutted, is the word. (from the BBC Radio Five Live)続きを読む
posted by nofrills at 04:47| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。