2006年05月30日

幸せの青いシャツ――the Wrong Guy騒動、続報。

BBC News24における「IT専門家」人違い事件@BBCの続報。

IT分野の就職面接に出かけたのに、アップル裁判についてニュースでインタビューに応じるはめになってしまったガイ・ゴーマさん、残念なことに、結局、応募していた職はゲットできなかったそうだが、あのとき着ていた水色のシャツをオークションに出し、その売り上げをチャリティ組織Oxfamに寄付するという。

■オークションの画面のキャプチャ@日本時間30日午後11時ごろ
guyshirt.png

'Wrong guy' loses shirt for Oxfam
http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/5029244.stm

This is the shirt I wore which nearly got me a job on the BBC," he wrote on the 15 Minutes auction website, where it is being sold.
_
"I didn't get the job but I did become an overnight celebrity. I'm auctioning this shirt off so that someone else can be as lucky as I was.
続きを読む
posted by nofrills at 22:55| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ベッカムのラップ」(幻)

http://music.yahoo.co.jp/music_news/d/20060530-00000508-bark-ent
ニュー・オーダーとベッカム、幻のコラボ
_
ニュー・オーダーは、前回のワールド・カップでイングランド・チーム・キャプテンのデヴィッド・ベッカムとコラボした曲をリリースする計画を立てていたそうだ。彼らは、'90年のW・カップでイングランド・チームのオフィシャル・ソングだった「World In Motion」を、ベッカムのラップで再リリースしようとしていたものの、最後の最後でFA(フットボール・アソシエーション)からレッド・カードを受け取ったという。……


ニュー・オーダー+「ベッカムのラップ」は、あらゆる点で気になってしょうがないので、何年かして「様」が引退したときにでも、一応やってみるだけはやってみてもらいたいと思う。続きを読む
posted by nofrills at 19:12| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンヌ国際映画祭、パルムドールはケン・ローチの作品

Loach film wins top Cannes prize
http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/5025812.stm

ベタなラブコメが「英国映画」として盛んに売り込まれているのに、ついついついイケナイ言葉を連発して呪っていた向きには朗報だ。マイク・リーの『秘密と嘘』以来10年ぶりにカンヌで頂点に立った英国映画は、マイク・リーと同様に「社会派」と形容されるケン・ローチの新作である。

この映画、The Wind That Shakes The Barleyは、アイルランド独立戦争と2人の兄弟のドラマである――というか、Black and Tansと呼ばれた英国の治安部隊が、手を血に染めてアイリッシュ・ナショナリズムを叩き潰そうとしていたときの、物語である。別の言い方をすれば(そしてBBCはそういう言い方をするのだが)、IRA勃興期の物語である。主演はキリアン・マーフィー。

ローチはBBCのインタビューに答えて、「自分たちの街が軍隊に占領されていること」がコアだというようなことを言っている。

ここで明らかなように、この映画は、1920年代のアイルランド島を描きつつ、実はイラク戦争・占領(およびその他の「戦争・占領」:ただし直接的にはイラク)を批判する映画で、受賞のときローチは、"Maybe if we tell the truth about the past, maybe we tell the truth about the present"と述べている。

今は私には時間がないので、興味がおありの方は、関連記事をはてブから参照してください。
http://b.hatena.ne.jp/nofrills/Ken%20Loach/

それと、興味のある人で可能な人は、今日30日(火)29:10〜、STAR CHANNEL Hで放送される『ブラック・アジェンダ/隠された真相』をぜひ。私は環境がないので見られないのですが、これは1990年のケン・ローチ作品で、The Wind That Shakes The Barleysとストレートにつながっている、ただし時代は1980年代に設定された映画です。日本では劇場未公開でソフトもありませんが、私はUK版を入手しようと思っています。

ところで映画のタイトル、The Wind That Shakes The Barleysなんですが・・・続きを読む
posted by nofrills at 08:23| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。