2006年05月31日

北アイルランドのdirty war、根深すぎ。

あんまり時間がないのではしょるが、今週日曜日、アイルランドのタブロイドが、「シン・フェインのナンバー2のマーティン・マクギネスが英国のスパイ」と報じた。マクギネス本人とシン・フェインはもちろん、DUPあたりも、警察も政治家も、「くだらない」「ナンセンス」とカテゴリカリーに否定した。

関連記事@はてブ:
http://b.hatena.ne.jp/nofrills/Martin%20McGuinness/
※とりあえず見たもの全部ブクマしてあるけど、概略を把握するためにどれか1つだけ読みたい人はテレグラフ(ベルテレではなく)かタイムズ、さらにそれをどう読むべきかの指針が知りたい人はスラオさんのWould I spy?(コメ欄も)をどうぞ。

マーティン・マクギネスといえば、泣く子も黙るリパブリカンだ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Martin_mcguinness

仮に彼が「英国のスパイ」であったとすれば、IRAのテロのどんだけの部分が「英国」の仕業なんだ、という話にもなる。dirty warはどこまで根深いのか。続きを読む
posted by nofrills at 08:50| todays_news_from_uk/northern_ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。