2003年11月10日

「自民勝利」を伝える英BBC記事。

BBC2件。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/3254075.stmはニュース記事。(写真が「日本のどこにでもある街角」かつ「日本らしい」光景。)

http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/3246149.stmは解説記事。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/3250331.stmは特派員レポート。(けっこう興味深いです。すでに知ってるようなことしか書かれてませんけど。)http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/3246149.stmの一節。

But for the first time in Japanese politics, there appears a credible opposition who could challenge the LDP, which has governed almost without interruption for the last 50 years.


ここ50年ほぼずっと政権を握っている(←「担っている」と打ったんだけど一瞬で直した)自民党に実際に対抗しうる勢力が出たのは日本政治上初めてのことである,と。

平たく言えば,「『二大政党制』っぽくなってきたんじゃないのかなー」ということかもしれないです。

なお,「二大政党」というのは,ワタシ的には「制」じゃなくて「方式」程度だと思う。「制度」じゃないしねぇ……この辺はまた改めて。

英米みたいに,財界とかが政権党にも野党にもぶっといパイプを持ってて,どっちの政策もあんまり違いがない(例:クリントン後の大統領選挙=ブッシュ対ゴア/2001年英総選挙)という状態になったらやだなー。

っていうか,英米では多党の気配もあるとかないとか……2大政党(実際は字義通り,「いくつもある政党の中の2つの大きな政党」のこと)では意思が反映されないと考える有権者が,二極対立の冷戦が終結して10年経過したころから,3番目の党を支持するようになってきたというのは本当のようです。

わりと最近,英国の数字で,政党支持の調査を見ましたが,「労働党4:保守党3:LibDem(自由民主党)3」っていう感じでした。(出典失念。英語記事。)

参考:
二大政党制国家・英米における第三政党の動き
↑はなゆーさんのエントリ(11月2日)

争点が見えにくかった衆議院選
↑Jun Rajini さんの「福岡発アジア映画行き」のエントリ(11月10日)
posted by nofrills at 03:11| election_2003 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。