2004年03月23日

ヤシン師暗殺に対する反応。

ハマスのヤシン師暗殺について,夜のニュースで,「英国のストロー外相は厳しく非難」というのをちょこっと聞いてますが,その件についてのBBC記事。

World fears after Yassin killing
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/middle_east/
3556559.stm
記事にはエジプト,イラン,EUのいくつかの国,ロシアなどの反応が列挙されていますが(ちなみに日本の反応は記事に載っていません),うち英国のストロー外相によるコメントの部分。

British Foreign Secretary Jack Straw described the assassination as "unacceptable" and "unjustified".
_
Mr Straw said he did not think Israel would benefit from an attack on an old man in a wheelchair.


2パラグラフ目(「車椅子の老人を攻撃してどんな得がある」って感じ)はどーでもいいというかストローっぽいというかただのレトリックというのが私の第一印象なんですが,こういうことを言ってる相手がイスラエルということを考えると,「いつものストロー節」と流せないかもしれない。ヤシン師をこれまでに「車椅子の老人」と呼んだことがあったのかどうかを確認しないとわかりませんが。(確認してもわかんないかも。)

あと,この2パラグラフ目は引用符のない間接話法なので,見た目ちょっとやわらかい感じがしますね。これは書いた人の意図かなあ。ま,いいか。

ついでなのでおフランスの「ド・ヴィルパン様」のコメント。(おフランスっぽく読んでね♪)

French Foreign Minister Dominique de Villepin said such acts could only "feed the spiral of violence".


「ド・ヴィルパン様」は先日来日あそばされまして,テレビで独占インタビューをしていたので釘付けになって(←誇大表現)見てましたが,おん自ら「私はド・ゴール主義の信奉者です」とおっしゃってましたわね。

※異なる文脈におけるド・ゴール主義→ル・モンド・ディクロマティーク日本版サイトより

このド・ゴール主義ってのを考えると,例の「スカーフ禁止法」もああそういうことかっていうのが見えてきそうです。→再度,ル・モンド・ディプロマティーク日本版さん

-------------------------------------
■追記:
こっち↓の方が丁寧な記事でした。
Mirrorの速報=ロイター記事。

※しばらくすると見られなくなるかも?

Foreign Secretary Jack Straw told reporters on Monday that Israel had a right to defend itself against terrorism but had to act within international law.
_
"It is not entitled to go for this kind of unlawful killing, and we therefore condemn it," he said. "It's unacceptable, it's unjustified, and it's very unlikely to achieve its objective."


……やっぱ英国がイスラエルに対してここまで強い言葉で直接的非難をしているのは,ちょっと意味深なようにも思えます。international lawに沿わぬ行動だ,unlawfulだ,condemnする,等……。
posted by nofrills at 01:32| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。