2005年05月27日

"No vote a No to Europe" 一瞬意味わかんなかったよ。(シラク必死)

non-non_chirac.jpg

"No vote a No to Europe"は,多分,
"No vote 'a No to Europe'"とすると多少わかりやすくなる。(クオートを入れるの。)っつかFTも遊びすぎじゃねぇのか?「フランス人は何でもnon, non」のステレオタイプで。

FTの記事

Le Mondeに行ってみた。
Jacques Chirac exhorte les Francais 'a "ne pas se tromper de question"
lemonde26may.jpg

シラクの発言内容,Le Mondeより ※文字は置換してあります:
"Le 29 mai, chacune et chacun de nous devra faire un choix en responsabilite' et en conscience. Avant tout, nous ne devons pas nous tromper de question. La de'cision qui est devant nous de'passe de tr'es loin les clivages politiques traditionnels. Elle n'est ni de droite ni de gauche. Il ne s'agit pas de dire oui ou non au gouvernement. Il s'agit de votre avenir et de celui de vos enfants, de l'avenir de la France et de l'Europe"


……「右も左もない,29日は皆さんお願いします」と言ってるらしい。

……もっと丁寧に読もう。

Il ne s'agit pas de dire oui ou non au gouvernement. のau gouvernementって「フランス政府」(=シラク)のことでしょーか。
 Il ne s'agit pas de ... = It is not important ...
 dire oui ou non = to say yes or no
 au gouvernement = to the government

文脈(ni de droite ni de gauche)からすればau gouvernement=「フランス政府」だろうなあ。

もっと大きな文脈としてEUというのがあって,あのコンスティテューションの内容があるので,le gouvernementがすっとわからなかったらしい。

これだから外国語は。

というわけで,日曜日,フランスでEUコンスティテューションのレファレンダムがあります。。。通らなかったら大変なことで。ちなみにEUコンスティテューション書いた人は,フランスの偉い人(ジスカールデスタン,大統領経験者)。

「ジスカールデスタン」をウェブ検索するときは,Giscard d'Estaingでどうぞ。
posted by nofrills at 06:30| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。