2004年08月03日

英語記事の読解。

頭を切り替えるためにウォーミングアップ。。。ちょっと解説めいたものを書いてみます。こんなのは別に自分のメモでやればいいんだけど,公開するとしないとでは気持ちが違うらしく,自分のメモだとうまく進まないので,ここを使うことにしました。

素材文は,「Fulhamへの完全移籍が消滅した稲本」についてのニュース記事。長さがちょうどいいところで区切れるので。

Inamoto to leave Fulham
_
Fulham have failed in their bid to sign Junichi Inamoto on a permanent basis after he decided to return home Gamba Osaka, according to reports in Japan.
_
The 24-year-old had a successful season on loan with Fulham but the two clubs could not agree on a fee.


各要素:
(1)記事見出し
Inamoto to leave Fulham


新聞記事などの見出しでのto不定詞は,未来を表す(未来時制の代用)。(cf. be + to不定詞)

【例1】
Bush To Meet Blair = Bush will meet[is to meet] Blair.
【例2】
Fifth Conference To Be Held In London = The fifth conference will be held[is to be held] in London.

(2)特定の人物の表し方
Fulham have failed in their bid to sign Junichi Inamoto on a permanent basis after he decided to return home Gamba Osaka, according to reports in Japan.
_
The 24-year-old had a successful season on loan with Fulham but the two clubs could not agree on a fee.


第2パラグラフ冒頭のthe 24-years-old 「その24歳の人物」は,Junichi Inamotoのこと。

これは繰り返しを避けるためのライティングのマナーであると同時に,その人物についての説明にもなる。

これら2通りの書き方がされていることの中に含まれている情報は,
・この人物の名前は「ジュンイチ・イナモト」である
・この人物の年齢は24歳である

日本語の記事ならば初出箇所で「稲本潤一 (24) 」で表され,以降は「稲本」で表されるのが一般的である。

【例1】
Saddam Hussein - the former Iraqi leader
含まれる情報は,
・この人物の名前は「サダム・フセイン」である
・この人物はかつてイラクの指導者であった

なお,この場合は,日本語の記事ならば初出箇所で「イラクのサダム・フセイン元大統領」などと表し,以降は「フセイン元大統領」などと表されるのが一般的である。

ただし,「ブッシュ大統領」,「パウエル国務長官」などの場合は,このような言い換えがない例が多い。
参考:この記事ではUS Secretary of State Colin Powell は一貫して Mr Powell で受けられている。(代名詞heの場合を除く。)

(3)前提としている情報(ニュース記事は,何らかの情報あるいは知識の共有を前提として書かれている)
Fulham have failed in their bid to sign Junichi Inamoto on a permanent basis after he decided to return home Gamba Osaka, according to reports in Japan.


「FulhamがInamotoとの契約ができなかった」という出だしの1文は,「InamotoはFulhamでプレイしている選手である」ということを知っている人でないと,ちょっとわかりづらい。

つまりこの記事は,記事を読む人に,ある程度の情報はあらかじめわかっているものとされていると考えられる。

仮にこの記事が,読者にとって馴染みのないスポーツのチームの選手の契約についてのものであれば(その場合,単に「移籍情報を知らせるニュース記事」ではなく,「こんなシステムがありますよ」という紹介の情報であったり,あるいは「このシステムはいかがなものか」という問題提起であったりなどするだろう),書き方としては
1)イナモトはフラムでプレイしている選手だが
2)ガンバ大阪からのレンタル移籍であり
3)今回ガンバとフラムの間で完全移籍の交渉があったが
4)それは不首尾に終わった。
5)そのためイナモトは日本へ帰国する。
という順番で,より「説明的」に書かれるであろう。

まさにこの点が,いわゆる「説明文」や「物語文」との大きな違いであると言える。

……とりあえず終了。
posted by nofrills at 14:44| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。