2004年10月30日

外務省会見・高島報道官(30日午前4時〜4時8分)

外務省の会見を見た。

Raedのオープンレターへのopen replyを書き終えて何気なくテレビをつけてみたら,「外務省は悪いニュースが入った可能性があると……」というアナウンサーか記者の声。そのまま,ほけーとつけっぱなし→4時から外務省会見。■外務省会見・高島報道官(30日午前4時〜4時8分)

バグダードとティクリートの間に位置するバラドという場所で,パトロール中の米軍がアジア系の男性の遺体を発見した。

バラドは記者には地図を配ったが,バグダードとティクリートの中間地点より少しだけバグダード寄りのところだ。

見つかった遺体の身体的特徴が行方不明の香田さんに極めて似ているので,米軍がこれは香田さんではないかと考えた(身長,体重,後頭部のはげている部分)。

そのため,遺体の確認をする必要があり,米軍の協力も得てカタールのドーハに搬送中である。

犯行声明と拘束映像が流されたウェブサイトなどもチェックしたが,何の声明もない。

後頭部の特徴がわかったということは,斬首ではないのではないか。

---------
トラバ:
はなゆーさんのところに共同通信記事など。やつらださんのところにも。

---------
「バラド」は手元にある地図に載ってないのだけど,バグダードとティクリートの中間なら,サマラ近くと思われる。(下は自作の図。)
cities.png
posted by nofrills at 04:12| voices_from_iraq | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。