2003年08月30日

たまにはSpectatorも読んでみる。

Spectatorというのは1828年から続く保守派の言論誌(週刊)。
興味深かった記事2件。
8月30日のLeave it to America
8月23日のThose who opposed the war must not allow themselves to hope that things go wrong

↑のどちらも「興味深い」と思いはしましたが,共感はできませんでした。
posted by nofrills at 22:04| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。