2003年12月20日

首脳のビックリ訪問流行中。今度はスペイン。

アスナール首相(スペイン)が予告なくイラクを訪問。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/middle_east/3336565.stm
記事はめんどくさいので読みません。(←オイ)

欧州首相ネタでは,待ってました!のベルルスコーニ・ニュース。でも内容はあんまり楽しく(←オイ)ないかも。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/3336867.stm
Parmalat救済に踏み切るとかいう話。(Parmalatってそんなに業績やばかったのかー!と思ったら,12月のこの株の暴落は何?ってか記事読め>自分。あ,Parmalatはもちろん,セリエAのパルマのユニで有名な企業さんです。)

■追記(12月24日):
Parmalat in bankruptcy protection
fast-track administration rules は「経営の早期健全化の法律」かしら……。a new law making bankruptcy proceedings swifter for large companies and giving them a better chance to restructure successfully「倒産手続きを迅速化し,再建の道を与える新法」が火曜日に議会で成立したばかりだそうです。早速それの適用を受けるということのようですが,パルマラットが傾いた原因はsince last week's discovery that papers detailing a $3.9bn euro bank account on the Cayman Islands were false,つまり「粉飾決算が明るみに出て以来」。ベルたん(ベルルスコーニ)曰く,to protect jobs at Parmalat「パルマラットの社員を守るため」って,ふーんそうですかな話だと思うのですが,まぁ詳細はわかりません。イタリアのことはほとんど知らないし(ベルたんの失言はある程度ウォッチしてますが)。欧州っていえばフランス。例の「学校でのスカーフ禁止令」はBBCでももちろん伝えられていますが,本日アップされたFrom Our Own Correspondent の記事は概略をつかむのによさそうです。(まだ読んでない。)

この件は,フランスの報道(フィガロとルモンドでだいたい様子がわかりそうなんですが)を見てみないと何とも言えません。背景がわかりませんので。

あとは……超重量級ニュースですが
Libya hailed for renouncing WMD
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/africa/3336627.stm

リビアのカダフィさん,今年はいろいろな動きがありましたが,ここまで来たとは。

こういうのが,いわゆるネオコンが「世界が平和になった」と鼻高々になることなんだろうなぁ……ネオコンはどーでもいいんだけど,英国の動きは気になる。ロカビーの件もあるし。

と思ったらブレア:
"This decision by Colonel Gaddafi will make the region and the world more secure"

※ブレアの名前を見ると,どーも先日の「様?」ニュースのそっくりさん写真@I'm too sexy for my shirt風味が思い出されて。きもちわるいよ〜。

この記事も気になるなぁ。
Croatian Serbs win minority rights
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/3336257.stm
posted by nofrills at 23:47| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。