2006年05月05日

イングランド地方選。

まだ開票中だけど、徐々に結果が出揃ってきつつある。概況としてはLabour大敗。Labourが負けた分はConservativeとLibDemに行っている。それだけではない。BNPも議席倍増の勢いだ。

保守党は1992年以来の勝利(1992年=メイジャー政権)、LibDemは伸び悩み。労働党は前回(2004年)に続く大敗だが、党としては「前回と比較して大敗しているとは言えない」と言うだろうとガーディアンの中の人

リアルタイムでどうぞ:
http://news.bbc.co.uk/1/shared/bsp/hi/vote2006/locals/map/html/map.stm
この地図で濃いグレーのところは今回選挙なし。黒は単独過半数なし、青は保守党が単独過半数、赤は労働党が単独過半数、黄色(山吹色)はLibDemが単独過半数。薄いグレーが開票中。この薄いグレーが次々と青または黒で埋まっていくという感じ。
localelection2006.png

Labour敗北のツケは、ブレアにではなくプレスコット副首相(@不倫スキャンダル真っ最中)に回されるようだ。地方選の結果が確定したあとの内閣改造でプレスコットは副首相から下ろされるという観測が各メディアに出ている(例:ガーディアン)。
■追記:この観測は外れました。また、上記ガーディアン記事によると、LibDemはロンドン全域で見た場合「3大政党」になるとしている。(つまり、労働党、保守党、LibDem。)

■追記:
ガーディアンのNewsBlogより、午前4:30の段階で、議席で保守党が+223、労働党は−200。コントロールでは保守党が+10、労働党は−15:
http://blogs.guardian.co.uk/news/archives/2006/05/05/tories_set_for_good_result.html
Just after 4.30am and the Conservatives have now gained 223 seats, winning control of 10 councils. Labour have lost 200 seats, losing control of 15 councils, while the Liberal Democrats have 13 extra seats.


ロンドンで最初にLabourがとったのはハリンゲイ(ここを落としたら大変なことになるというくらいのLabourの地盤)、最初にLibDemがとったのはサットン、最初にConservativeがとったのはWestminsterかWandsworth(どっちだったか忘れたけど、どっちにしてもToryの地盤)。

同じくLabour地盤のタワーハムレットとハックニー、カムデン、ランベスはまだ結果が出ていない。
■追記:
カムデンはNo Control。Labourは落とした。
ランベス(市長のお膝元)はLabour gain (from No Control)。

今のところ、ロンドンで結果が出た中で一番すごいのは、東部Bexleyかな。前回(2004年)にLabourが32、Toryが31だったのが、Labourが9のTory54という結果になっている。この数字には唖然とした。

イズリントンもかなりすごい。LibDem36、Labour11だったのが、LibDem24、Labour23と逆転、かろうじて1議席持っていたConservativeは議席を獲得できず。イズリントン(New Labourにとっては大きな意味のある場所)ということを考えると、これはかなり興味深いことだ。(2004年にLibDemがLabからコントロールを奪ったのは、「反イラク戦争」&「反ニュー・レイバー」だったはず。)

さて、主要関心事のBNPだが、これが予想通り「躍進」しやがった。

まだ落ち着いていない(同じURLで更新されている)記事だが:
BNP making big gains in election
Last Updated: Friday, 5 May 2006, 02:49 GMT
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/4974870.stm
The British National Party has nearly doubled its number of councillors in England - including winning 11 seats from Labour in Barking and Dagenham.


Barking and Dagenham(ここは前回は……というか少なくとも70年代からLabourが過半数)でLabourから11議席を取った」と書かれている。Barking and Dagenham選出の国会議員(LabourのMargaret Hodge)が、4月半ばにBNPに対抗する大々的なキャンペーンを始めていた(関連記事リンク集)が、これが逆にBNPにとって「宣伝」になったとという批判もある。(この後、保守党もストップBNPの方向でキャンペーンを展開。)そして結果、LabourはBarking and Dagenhamのコントロールを失い、BNPが議席を11上積みした。

Barking and Dagenhamの地元新聞の記事:
BNP make massive gains in council elections
05 May 2006
http://www.bdpost.co.uk/content/barkinganddagenham/post/news/story.aspx....
BNPの候補者は13人、うち11人が当選。Labourは35議席で過半数は維持したが、有力な現職・新人が何人も落選。その中には2005/07/07のヒーロー(地下鉄運転手)も含まれている。(ということは、大衆にアピールできなかったということか。)

Barking and Dagenhamは、BNPにとっての重要な選挙区で、昨年の総選挙でも候補を送り込んでいる。
http://ch.kitaguni.tv/u/917/london_basic_info/0000315936.html

4月26日付けのPA配信記事(ガーディアン掲載)は、政党名を言わずにBNPの移民政策についてどう思うかのアンケートを取ると50%以上が「よいと思う」と答え、その後政党名を告げると「よいと思う」は減った、と伝えている。

Barking and Dagenhamのケースは、いわゆる浮動票がどこに行ったかという話であることは確かなのだが、おそらくは、「さすがにBNPはちょっとねぇ」というためらいがある程度なくなったということでもあろう。

BNPの議席増についてのガーディアン記事:
http://politics.guardian.co.uk/localelections2006/story/0,,1768182,00.html

Finantial Times記事:
http://news.ft.com/cms/s/233bdf4e-dbd4-11da-98a8-0000779e2340.html
targeting angry votersと書かれると、何とも古典的なキャンペーンに見えるし実際そうなのだろうけれど、そのangerの背後には、つい最近の「国外退去とすべき外国籍重罪犯が、刑期を終えて普通に出所していた」という事態をめぐる法整備・運用についての問題意識は当然あるだろう。

ダゲナムでは13人のBNP候補全員が当選するのではという観測がLabourの国会議員から出ている(Jonathan Cruddas, the Dagenham Labour MP, said he feared that the BNP could win all the 13 seats they were contesting in the borough.)。

BNPなど、極右政党の候補者一覧 (from Stop the BNP):
http://www.stopthebnp.org.uk/index.php?location=ec2006

今回選挙でBNPの最初の議席が確定したPendleは、North West Englandの内陸部。これまで議席ゼロだったところで1議席を獲得した。(全体ではLibDemが過半数。)

BNPが3議席上積みして4議席を獲得したSandwellはWest Midlands。バーミンガムのすぐ西。

今回BNPはバーミンガムに合計40人も候補を立てた(すべての選挙区に立てた)。バーミンガムはちょっと錯綜しているようなので(BNP当選がアナウンスされたが、間違いであると訂正が出され、法的手続きが必要)、そのあたりの動向はバーミンガム市議会のサイトで。なお、前回はバーミンガムのBNPはゼロだ。(バーミンガムは、パキスタン系のエリアに隣接するアフロ・カリビアンのエリアで「反イスラム」のBNPの情宣が行なわれている。)

BNPが3議席を上積みしたEpping Forest(ロンドンのすぐ北)は、合計6議席で、3議席減らしたのはLabour、全体では保守党が過半数。
posted by nofrills at 12:45| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。