2003年07月30日

海外からの意見のひとつ。

英エコノミストの24日付け論説記事,To arms
http://www.economist.com/opinion/displayStory.cfm?story_id=1940655Japan is starting to take its security responsibilities seriously. High time too
「日本は安全保障上の責任を真剣に受け取り始めている。そうすべき時である」

ということです。

記事を書いた人の視点はともかく,英語圏の人に「自衛隊」という“ミリタリーフォース”のことを説明する際にはかなり参考になりそうな記事です。

エコノミストは英国の保守(親米)系を代表するメディアのひとつ。
posted by nofrills at 00:50| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。