2004年05月27日

ちょっとよくわかんないけど・・・ナジャフ。

Yahoo JAPANのトピックスの「イラク復興」カテを見ていたら,「!」。

讀賣新聞さん:
サドル派、ナジャフ撤退に合意か…治安権限巡り要求も

毎日新聞さん:
<イラク>サドル師がマフディ軍のナジャフ撤退に同意

とりあえずBBCだけ見ましたが,該当記事なし。(BBCはこれまでのところ,ナジャフについては扱いがあまり手厚くない。)記事それぞれで「含み」が違う。制限字数(=紙面でのスペース)にもよるけれど……。
※以下,太字は私がつけたもの(見出しを除く)。

讀賣新聞さん:
サドル派、ナジャフ撤退に合意か…治安権限巡り要求も
 AP通信によると、イラク中部ナジャフなどを拠点に、反米武装闘争を続けていたイスラム教シーア派の反米指導者ムクタダ・サドル師は26日、自身の民兵組織「マフディ軍」をナジャフから撤退させることに同意した。
 AP通信が、イラク安全保障担当補佐官で、統治評議会元メンバーのムワッファク・ラビアイ氏の声明として伝えた。同氏によるとサドル師は、ナジャフ在住者を除くすべてのマフディ軍民兵をナジャフから撤退させる考えを示し、かわりにナジャフの治安維持権限を、駐留米軍ではなくイラク警察にゆだねることを要求したという。
 また、ワシントン発のAFP通信も、サドル師がナジャフ、クーファ、カルバラの3都市で停戦に同意したとする情報を米政府高官の話として伝えた。
【以下省略】


毎日新聞さん
<イラク>サドル師がマフディ軍のナジャフ撤退に同意
 イスラム教シーア派の反米指導者サドル師が26日、イラク中部シーア派の聖地ナジャフから、同師の民兵組織「マフディ軍」を撤退させることに同意した。AP通信が27日、暫定内閣の安全保障担当補佐官であるルバイエ氏の話として伝えた事実とすれば、サドル師派と占領軍との激しい対立が終息に向かう可能性もある。


讀賣新聞さんでは「まだはっきりしてないんだな」ということがわかるけれど,毎日新聞さんではかなり注意深く読まないと「撤退に同意」が「確定した事実」と読めてしまう。

同じくYahooにあった共同通信さん記事:「孤立深めるサドル師 イラク聖地で支持失う」によると,
【バグダッド24日共同】イラク中部のイスラム教シーア派聖地ナジャフに立てこもり、民兵組織「マハディ軍」を率いて駐留米軍と1カ月半以上にわたり戦闘を続けている同派の対米強硬指導者、ムクタダ・サドル師が急速に住民の支持を失い、孤立化しつつある。
【中略】
 ナジャフの住民の多くはイラク国内ばかりでなく、隣国イランからの巡礼者相手の商売が生活の基盤。しかし、長期化する戦闘で巡礼客が激減、経済活動が深刻な打撃を受けており「住民は戦闘に嫌気がさしている」(イラク人ジャーナリスト)という。
【後略】


ナジャフがいわば「門前町」ということは,中公新書の『イラク建国』でも詳しく書いてあったような気がします。

ちなみに,BBCの最新記事は
Top aide seized in war-torn Najaf
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/middle_east/3749619.stm

Last Updated: Wednesday, 26 May, 2004, 17:10 GMT (日本時間は+9時間)

■追記:
news.google.co.ukで見つけた記事。どこの地域のメディアかは確認してませんがGMT +8の時差なのでこの辺。
US sees truce with Sadr, while denying rift with Britain on Iraq
http://www.channelnewsasia.com/stories/afp_world/view/87085/1/.html


BAGHDAD: : Radical cleric Moqtada Sadr agreed to a truce that would end deadly battles in three Iraqi cities, US officials said, as London and Washington put on a show of unity over the future of Iraq.
_
US officials in Washington said Sadr and a council of Iraqi clerics had reached a deal that would stop the violence by his private Mehdi Army and remove them from government buildings in the contested cities of Najaf, Kufa and Karbala.
_
...


as London and Washington put on a show of unity over the future of Iraqというのが,日本語記事にはなかった記述。

逆に,ここしばらく英語記事を読んでなかったので確信はないし,さらに,上述の記事も斜め読みするのがイッパイイッパイなんで断言もできませんが,共同通信記事にあるような「サドル支持急落」についての解説は見てないような気がします。見逃しているだけかもしれません。
posted by nofrills at 13:32| voices_from_iraq | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。