2005年10月24日

この事件、覚えてます?

何年前でしたっけ? 日本で英国の青年が、エクスタシーの錠剤をたっぷり所持していたとして逮捕され、裁判で有罪になって懲役14年の判決が出たことがあります。

えと、これかな・・・
http://www.narita-airport-customs.go.jp/cgi-bin/wnew/mituyu/upboard.cgi
2003/03/19 報道発表−12
 大量のMDMAを摘発!! 
_
 東京税関成田税関支署は、平成15年3月4日、英国人男性(32歳・無職)がフランス共和国から本邦へ入国の際、
 MDMA錠剤 約40,880錠
(末端価格 約1億6千万円/薬物乱用者通常使用量の約40,880回分)
を二重底にしたスーツケースに隠匿して密輸入しようとしたところを発見・摘発して、現行犯逮捕し、直ちに、身柄を新東京空港警察署に引継ぎ、共同調査のうえ、同月6日、関税法並びに麻薬及び向精神薬取締法違反容疑により、千葉地方検察庁に身柄を送致した。


この件、逮捕されて懲役14年の判決を受けた英国の人は、冤罪であるとして申し立てています。詳細は下記で。
http://www.justicefornickbaker.org/index_jp.html
http://www.justicefornickbaker.org/ja/media.htm

この件、「通訳・翻訳」が絡んでいるのでちょっと気になってました。

で、この件の関連記事、BBCです。

Verdict due in Japan drugs appeal
http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/gloucestershire/4368984.stmこの英国人を騙して自分のスーツケースを運ばせた人は、裁判を待っている間に自殺しているのだそうです。

こちらもご参照のほど:
http://www.ac-net.org/dgh/blog/archives/000376.html
posted by nofrills at 17:27| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。