2005年10月22日

深刻なニュースなのについ笑いが……もしくは、「ガーディアンは以下の文章に不適切な表現があることを予め謝罪します」。

ついに英国で、鳥インフルエンザで死んだ鳥が出た。英国は90年代後半の狂牛病 (mad cow disease) ことBSEや、数年前の口蹄疫の大流行の記憶も生々しい。特に鳥は、移動範囲を完全に制限することはできないのだから、事態はよりいっそう深刻である。

BBCでは「オウムに陽性反応 致死性のインフルエンザ」というような見出しで、UK版トップ記事にしている。
UK tests parrot for 'lethal' flu
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/4366520.stm

この記事を見たときは、口蹄疫のときの騒動を思い出して、あららまた大変なことに、と思っただけだった。(「だけだった」とかいうと冷淡かしら?)

しかしこのガーディアンの記事見出しがなぁ。。。

deadparrot.pngDead parrot in UK quarantine diagnosed with avian flu

。。。。。。

Dead parrot in UK quarantine diagnosed with avian flu

。。。。。。!!!!!

死んだオウム!!!!! EX-PARROT!!!

 あれ?

……ただいまの映像に不適切な(略

これ。

ネタ元:
"It's not pinin', it's passed on! This parrot is no more! It has ceased to be! It's expired and gone to meet its maker! THIS IS A LATE PARROT. It's a stiff. Bereft of life, it rests in peace, if you hadn't nailed it to the perch it would be pushing up the daisies! It's rung down the curtain and joined the choir invisible! THIS IS AN EX-PARROT!"


これは、英国ではこのくらいの表現力がないと、不良品をつかまされても泣き寝入りするしかない、というこわいこわいお話です。全文はこちらで

日本語でもどうぞ

※本記事は、脳内にて適宜効果音を出しながらお読みください。

しかもガーディアン記事、クリックして出てくる見出しは
Parrot that died in UK quarantine diagnosed with avian flu

・・・これならいくら私でも笑わない。。。と思う。いや、わかんない。parrot that died...笑うかも。脳内の翻訳こんにゃくの具合次第では。

URL打ち忘れてた:
http://www.guardian.co.uk/birdflu/story/0,14207,1598102,00.html
posted by nofrills at 18:15| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。