2004年08月29日

“ファルージャの目撃者”ジョー・ワイルディングさんのウェブログより

いろいろ詰まってしまって10日ばかりストップしていたものですが,益岡賢さんとの共訳書,『ファルージャ 2004年4月』の著者のひとり,ジョー・ワイルディングさん(英国人女性)のウェブログの8月の記事の日本語化を進めています。大部分完了したんで,ぜひお読みください。URLは下記。

※いずれも『ファルージャ〜』関連のアップデート用ウェブログに置いてあります。日本語化したのは下記の文書です。

ジョー・ワイルディング,8月13日:「また同じことの繰り返し―アフガン,イラク/ファルージャ,ナジャフ」
すごい怒っています。

ジョー・ワイルディングblog,8月18日:「サドルシティ,戦闘,爆発―ニュースにならないバグダード」(1)
ジョー・ワイルディングblog,8月18日:「サドルシティ,戦闘,爆発―ニュースにならないバグダード」(2)
ジョー・ワイルディングblog,8月18日:「サドルシティ,戦闘,爆発―ニュースにならないバグダード」(3)
ジョー・ワイルディングblog,8月18日:「サドルシティ,戦闘,爆発―ニュースにならないバグダード」(4) (作業中:あと250行くらいを残してちょっと休む)

バグダードで活動するNGOの女性スタッフからの,滅茶苦茶長いメール。『ファルージャ〜』で言及されていた「11歳のムジャヒディーン」サアドのその後のことも。
posted by nofrills at 18:20| voices_from_iraq | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。