2004年06月21日

英軍によるイラク人拷問か。

例のデイリー・ミラーの「捏造写真」騒動でフェードアウトしてた感のある「英軍による拷問」(一応最近動きあり:BBC記事),今度はガーディアンのスクープ(だと思います。他紙の記事なし)。
はなゆーさんのところの記事経由,ガーディアン記事

以下はガーディアン記事の概略。一言でまとめると,英軍を襲撃して捕虜となったイラク人に対し,英軍基地で拷問が行われ,イラク人が死亡したのではないかという疑惑が浮上している,ということです。ガーディアン記事の真ん中あたりに,医師の所見が列挙されている部分がある。

ガーディアンが入手した死亡診断書は28通。5月14日に激しい戦闘があった南部幹線道路近くのMajar al Kabirの総合病院の院長によって示されたものとのこと。

28通(+後日死亡した1人)のうち,疑わしいのは7件。記事からうち4名の犠牲者の名前と年齢,所見を抜粋し,列挙しておく。(合掌)

Ahmad al Helfi, 19
身体に銃創いくつか,左目に青あざ,右腕に鋭利なものによる切り傷,身体全体に殴打され拷問された痕跡。

Haider al Lami, 21
身体に銃創いくつか,生殖器切断。ペニスは完全に切断。

Hamed al Suadi, 19
頚部と足に銃創複数。拷問の痕跡あり:右腕は複雑骨折,顔面はひどく損傷。

Ali al Jemindari, 37
頭部,顔面,身体に銃創いくつか,首に切り傷,右腕は肩のところで切断,右頬に大きく口をあけた傷,右目はくりぬかれている。

ただしこの医師の主張は,7遺体のうち1体(Ali al Jemindariさん)を見た別な病院の別な医師には否定されている。

英軍は「拷問」の主張を「極めてばかばかしいabsurd」としている。バスラ(だから英軍総司令部だと思う)の英軍スポークスパーソンは次のようなコメント:
"Such claims are an insult to the whole British army and an attempt to stain the image of men who are putting their lives at risk every day to secure Iraq for the Iraqis," he said.
_
大意:「そのような主張は英軍全体への侮辱であり,イラクでイラクのために毎日命を危険にさらしている兵士たちのイメージを悪化させようという陰謀である」


あまり意味のあるコメントではない。(こういう場合の定石。)

これらの遺体がどこでどう遺体になったのかは記事の後半。

Majar al Kabirの総合病院の院長の証言:「5月15日に警察が来て,救急車を出して英軍基地に遺体を引き取りに行ってくれという要請があった。22遺体が引き取られてきたが,うち何体かの遺体は切断され拷問を受けていたので驚いた。病院の門の外に怒った親戚たちが集まってきたので,すぐに検死を始め,死亡診断書をまとめた。病院には遺体を保管できる冷蔵庫がないので,家族に死亡診断書を渡し,遺体はすぐに引き取られて埋葬された。」

一方,Ali al Jemindariさんの遺体を検分し,院長の「拷問」との主張を否定した医師(匿名を条件に取材に応じた)のコメント:「銃弾がいくつか貫通していただけだった。腕は切断されていなかった。肩の損傷が激しく,腕と肩はかろうじてつながっていただけだったが。また右目については,死後取り出されたのか死ぬ前に取り出されたのかはわからない。しかしそのようなケガは戦闘ではありうる。おそらく銃弾が右目から入って眼球が頭蓋内に押しやられたのではないか。首の切り傷に関しては,銃弾が首のすぐ近くを通ったためにできたのではないか。」

この医師のコメントは次の部分が興味深い。
"This should not have been taken to Majar al Kabir hospital, or even here to Amara," the doctor said. "We have no forensic capabilities to speak of. The case should be sent to Basra, even to Baghdad if needed."
_
これはMajar al Kabir病院へ持ちこまれるべきではなかった。ここアマラへも持ちこまれるべきではなかった。検死の設備が不十分なのだから。バスラやバグダードへ送られるべきだった。


バスラもバグダードも大都市で,それなりに設備のある病院がある。そしてどちらにも占領軍当局の本部もある。(←深読みしすぎ。)

この戦闘があった5月14日というのも,コンテクストに乗っけて見る必要がある。記事によると,5月14日は金曜日で礼拝があった。その礼拝は復讐心に満ちた雰囲気だったという――ナジャフでサドル派民兵と米軍の戦闘があり,シーア派の最大のシンボルであるイマーム・アリの黄金のモスクが大きく損傷されていた。

礼拝から家に戻った男たちは手持ちの武器を取って幹線道路に戻り,英軍部隊(Argyll and Sutherland Highlandersの部隊)のランドローバー2台を襲撃。激しい戦闘となった(英軍が関わる戦闘としては激しいもののひとつ)。

英軍は22遺体を回収し,また多数の捕虜をアマラの英軍基地に連行した。英軍は遺体回収を「放置しておけば野生動物の餌食となり,後から特定できなくなるほど損傷してしまうと思ったので」行ったという。

一方Majar al Kabir病院の院長は,14日に英軍は6体を現場に残し,また後で死亡した人1人(まだ生きていた)も残していったと指摘。この6体には切断や拷問の痕跡はなかった。

この6体を現場に残していった理由について英軍スポークスパーソンは「暗くなってからも遺体回収作業を行った。残されていたとすれば,単に見落としたのだろう」。

しかしMajar al Kabir(←街の名前)の人々は,死亡した人たちの一部は英軍基地に運ばれた時点で生きていたと主張している。

アマラ総合病院の救急医療科責任者のAbbas Jawadは,次のように述べている。「14日午後7時半,警察が来て,英軍基地からアマラ警察署に連絡があり,基地から10人ほどの負傷者を収容するために救急車を出してほしいと要請があった。3台の救急車を出したが,45分ほど経過して救急車が戻ってきた。負傷者は引き渡されず,彼らについての情報もなかったという話だった。」

翌日(15日)午後,Jawad氏は再度,英軍基地への救急車出動の要請を受けた。銃撃戦で死亡した人々の遺体を引き取るためだった。「何千人も待っているうちの病院へ遺体を運んできた。忘れられない。本当にひどいことになった。みな怒っていた。私たちが遺体袋を開けたら,遺体が切断されていたり拷問されていたりしたのだからなおさらだ。」

アマラとMajar al Kabirでは,たまたま病院にいた人が撮影したビデオをCDに焼き付けたものが出まわっている。遺体袋が開かれたとき,遺族がカメラに向かって怒りをぶつけている。英軍基地に入ったときにはまだ生きていたのにと。次にカメラは血まみれの遺体が袋から取り出されるのへパンする。人々の指が,切断や拷問の痕とされる部分を指差す。

#こういうのが映像になると,「あったかなかったか」の事実ではなく,「それがそうであると信じられている」ことの方が重要になりますね。

検死は午後4時にアマラ病院の遺体安置所で始められた。1体の検死を終えたところで門のところで騒ぎが始まった。サダムへのレジスタンスを率いた「沼地地帯のボス」カリーム・マフードと,Majar al Kabirの警察署長との間で起きたものだった。目撃者によると,署長がキレてマフードに銃をつきつけた。マフードの兄弟のひとりがこれに対して発砲し,署長を殺した(バグダードの判事が先週この件でマフード兄弟に逮捕状を出している)。

怒った遺族たちは遺体をすべてMajar al Kabirの病院へ戻すよう要求。そしてMajar al Kabir病院で死亡診断書が作成された。

……というのが記事の概略。

ガーディアンはやっと最近正気に返ってきて,ここしばらくの翼賛報道が多少は落ち着いたばかり。(ひところは「政府のすることは何でも正しい」っていう色に染まっていてひどかった。)

私が思うのは,このネタがガセでなければいいのだけど,ということだけだ。政府批判急先鋒で部数が多かった大衆紙デイリー・ミラーが,ガセ写真をつかまされて編集長解任という事態になったばかりだ。(この件についてはうちの過去記事ジョン・ピルジャー記事をご一読のほど。)

-----------------------------
■追記:現時点で確認できたメディア記事
Google News (UK)にて検索した結果(ほとんどすべて「英紙ガーディアンによると」。すべてを読むことは時間的に不可能です。ご容赦):

UK to probe reports its troops abused Iraqi bodies
Arab Times, Middle East - 19 Jun 2004
#Reutersの記事を載せているが,このアマラ近郊の戦闘の件ではなさそう?

British troops 'tortured' Iraqis
Daily Telegraph, Australia - 9 hours ago
British troops 'tortured' Iraqis
Advertiser, Australia - 9 hours ago
#これら2つはおそらく同一記事:オーストラリアのニューズ・コーポレーション・グループでロンドン特派員配信記事。
#「ガーディアンによると」形式で,アマラ近郊でのこの件についての記事。

British troops 'tortured'
Philippine Daily Inquirer, Philippines - 7 hours ago
#「ガーディアンによると」形式で,アマラ近郊でのこの件についての記事。

UK troops accused of mutilating bodies
Mail & Guardian Online (subscription), South Africa - 5 hours ago
#南アでのガーディアン配信なので記事は元のガーディアンと同一。

British Troops Involved in Torture Scandal
Novinite, Bulgaria - 4 hours ago
#ブルガリアだ!(記事は英語です。)「ガーディアンによると」形式で,アマラ近郊でのこの件についての記事。

UK troops accused of mutilating Iraqi bodies
Bru Direct, Brunei Darussalam - 1 hour ago
#ブルネイだ!(記事は英語です。)「ガーディアンによると」形式で,アマラ近郊でのこの件についての記事。

UK probes reports troops abused dead Iraqis
ABC Online, Australia - 19 Jun 2004

British troops 'tortured' Iraqis
Sydney Morning Herald, Australia - 8 hours ago

British troops 'tortured' Iraqis: report
Channel News Asia, Singapore - 5 hours ago

UK troops `mutilated Iraqi bodies'
The Hindu, India - 3 hours ago

British Troops Involved in Torture Scandal
Novinite, Bulgaria - 4 hours ago

MoD probes reports its troops abused Iraqi bodies
Reuters, UK - 19 Jun 2004
#これがロイターの元記事。

British troops 'tortured' Iraqis
The Australian, Australia - 9 hours ago

British Military Investigating Claims of Torture, Guardian Says
Bloomberg - 8 hours ago

'UK troops mutilated Iraqi bodies'
Times of India, India - 5 hours ago

UK troops 'mutilated Iraqi bodies'
ITV.com, UK - 2 hours ago

British 'tortured Iraqis'
News24, South Africa - 1 hour ago

British troops 'tortured' Iraqis
Al-Jazeera, Qatar - 32 minutes ago
posted by nofrills at 20:30| todays_news_from_uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。