2005年07月09日

英国のブロガーたちの記述

どこもかしこもマスメディアは基本的にあてにならんものだと思っているせいかもしれんが,今朝英国のマスメディアのサイトを見て「大本営発表」ばかりなのに辟易。possibilityの話じゃなくて,strongly convincedの話でもなくて,何があったのか,実際に街がどうだったのかだけを書いた記事は,わざわざ探さないと出てこないような感じ。BBCとガーディアンしか見てないのだけどね。(ほかは推して知るべし。。。インディペンデントは無料で読める記事はほかでも読めるし。)

というわけで,こういうときはウェブログ。

以下,私が読んだウェブログ記事について。1)SLUGGER O'TOOLE(北アイルランドのニュースのグループ・ブログ)
7日にいくつもエントリが立ってて,マスメディアで流される情報を少しずつまとめているという感じなのだけど,さすがに慎重。07 July 2005 12:25 PMの更新(Mick Fealtyさんによる)には:
Update: BBC saying it looks like it could be Al Queda. Nothing definate though. As Pete says, keep your eye on Neil McIntosh for fresh news and the extraordinary wikipedia. And Blair's statement.
_
Update to the update: BBC have just repeated Ansa's report that 50 have died without confirming it. A previously unknown group has claimed it for Al Queda

(記述に細かくリンクが設定されています。原文でご確認ください。)

という記述がある。BBCが"without confirming it"だってのは,NIの人が言うと特に重みがあるからね。 ぐっとくるわけです。

なお,文中のNeil McIntoshはガーディアンのNews blogの人。というわけで,

2)ガーディアンのNews blog
Thursday July 7 2005, Bomb blasts plunge London into chaos (by Neil McIntosh) と,その次のエントリであるThursday July 7 2005, London bombings - the blogger response (By Anna Pickard) 。

前者は,日本にニュースが入ってきたときに読んでいたのだけど,タイムライン的記述。

後者はブロガーの記述のリンクが中心の記事。ここからリンクされているのが……

3)pfff(Justinさん)
Edgeware Roadでの爆発に居合わせたJustinさんの記述,Surviving a Terrorist Attack。日本語化しようと試みたのですが,どうも……そのうちに日本語ファイルをここに上げるかもしれない。上げないかもしれない。

7日の朝,Justinさんはいつも使っている路線がクローズされていて使えなくて,めぐりめぐってキングズ・クロスからサークル・ラインに乗り,そして爆発に巻き込まれ――何とか脱出したものの,トンネル内には医療スタッフが不在で,地上に出ても救急車はいなかった,と。

これはねー,「ロンドンの公共交通機関」がいかなる調子かを知らないとちょっとわかりづらいんではないかと思いますが,電気系統のトラブルとか,あるいは「怪しいかばん」とかで地下鉄がクローズされることは,この数十年にかけて日常茶飯事なので,それだけでは誰も何とも思わないんですよ。東京での「震度3の地震」より頻繁なんじゃないかと思います。
(^^;)←言いすぎ。

東京での「人身事故」を誰も気にしないってことを英国人に説明するときに,「感覚としては」と前置きしてテクニカル・フェイリャーとかサスピシャス・ラゲージとかを引き合いに出したら「うーーん,そんなものか」とか言われたことがあるんですが。数年前に。

だから駅が使えなくなっていても「いつものTubeの事故だと思った」,Justinさんも,自分の乗ってる車両の人たちに気を楽にしてもらおうと「いつものあれですよね」と言っていたというし,そして地上では――地下鉄で何が起きているのかが見えないから,後から「こんなおおごとだとは思わなかった」的な反応が多いようです。

日本の民放のある局では「逃げ惑う人々」とかいうナレーションがついた映像が,非常に落ち着き払った中年女性がテレビカメラに語ってるとかいう感じでしたが(テレビ局の人も急いでるのはわかるが,イメージだけで語らないようにしてほしい,ほんと),人々がショック状態ではあるけれども落ち着いていたのは,「自分の乗った地下鉄が事故にあった」と考えていたからじゃないかと思います。駅にケータイのカメラを構えた人だかりができてたっていうし。(^^;)

また,Justinさんは脱出した直後にご家族かご友人に電話をしたそうですが,その時点で誰も,「同時多発テロ」のことを知らなかったそうです。(って「同時」じゃないんだけどね――かなりのタイムラグがある。その点からも,必ずしも大規模組織でなくても可能なことだと思うのだけど……。)

しかしコメント欄のいくつかがな,完全に調子を外しててすごいな,united we standでthank you tony blairな人々は。(^^;)

さて,Justinさんのところにはマスコミから問い合わせが殺到したそうですが,それを受けて彼はSurviving a Terrorist Attack: What a difference a day makes.という2本目の記事を書いています。マスコミへの意見と,エッジウェア・ロードを出た後にどうしたかという話……「評論家」がテレビで何か語ってるのより,こういうのが伝わるべきだと思うよ。

4)mad musings of me(Geraldineさん)
2つ前の記事でケン・リヴィングストンの発言を引用させてもらったGeraldineさんのウェブログは,今回初めて知ったのだけど,これからも読むことになりそう。The morning after,テムズの南に滞在していたことのある人にはすごくよくわかる記述だと思います。

で,Geraldineさんのところで紹介されていたのが……

5)dustbinman.com::movable tripe
The Lone Nutter Theory……そうなのよー,どうしてピカディリー・ラインの南の方じゃなかったのかなど,「交通インフラの破壊」が目的にしては奇妙な点が多い。東京で言えば,「山手線をターゲットにしてるわりには,品川とかが無傷」って感じ。それと,ジハディストらしくシンボリックな場所を狙うということなら,チャリング・クロスとかウェストミンスターとかでしょ,普通。よりによってキンクロじゃなくて。

最初は「7箇所で爆発」と言われてて「規模がでかい!」と思っていたのだけど,いつの間にか「4箇所で爆発」になってて,ちょっとおいおいというのもあるし……coordinatedではあるけれど,ちょっとタイムラグが大きいような気がする。ロンドンの交通インフラを破壊する目的にしては。

6)LENIN'S TOMB
このLeninさんについてはプロフィールを見ていただければどうしてLeninなのかがわかるのではないかと思いますが,それはさておき,今回の事件についてものすごい勢いでまとめておられます。ちょっと(?)ずつ引用します。

Don't panic, 7/07/2005 04:32:00 PM
An 'expert' of some description has said that these attacks are designed to create maximum disruption with minimum loss of lives. Indeed, the explosions must have been rather weak: I am no more than a couple of hundred yards from Edgeware Road tube, which was the target of an explosion, and I didn't hear a thing. Not even a minute tremor. There is no billowing smoke, and people are still walking up and down Edgeware Road. Plenty of emergency sirens, though.
_
The news keeps repeating the same snippets of non-information, while the newscasters are probing for the most salacious details. It's actually quite gratuitous. Most of their commentators have fingered 'Al Qaeda' or some confederate organisation with guilt for these attacks. Well, let's face it, the choices are pretty limited - either it's the Real IRA, or it's some group in the fashion of 'Al Qaeda', or it's some far right group - recalling a certain nail-bomber not so long ago. There's no point in jumping to conclusions, however - when the FBI building was blown up in Oklahoma, it was immediately blamed on some dusky Others, and it turned out to be some red neck crackers, one of whom had experience fighting in Iraq.
_
It is also vitally urgent to bear in mind that Muslims are going to be singled out even more for opprobrium and racist violence in the coming days and weeks. There needs to be an immediate reaction against this, and I hope and expect that Respect will be particularly hard on this in the areas where it is active.


Blair: already exploiting the terror, 7/07/2005 06:31:00 PM
What a fucking scumbag. The bodies aren't even cool yet, and the Prime Minister is already exploiting this series of atrocities for political capital.


7/07/2005 06:44:00 PM はSWのステートメント。

Well... 7/07/2005 11:36:00 PM
Meanwhile, accounts in the Greek press apparently explain that there are many, many more dead and injured than we are being lead to believe here. The Guardian reports 37 dead, 700 injured , which is already high enough.
_
Finally, the BBC seems to have turned itself into a mouthpiece for the government.


London's explosions: interpretations, 7/08/2005 01:20:00 PM
Ken Livingston's view, in an admirable speech, was that this was not an attack on the leaders, the warmongers or the G8, but on ordinary, working class Londoners going about their day - and that it would never succeed.
_
The interpretation of Labour Against the War, Socialist Worker, Mike Marqusee and George Galloway was that this is the catastrophic blow-back from Blair's foreign policy, that Londoners are paying the price for a policy that they didn't implement and by and large didn't even support. The difference between this and all previous interpretations, in my view, is that it is manifestly , obviously , the case - which is exactly why the point is being strenuously avoided by most commentators. Charles Clarke insisted on television last night, against his own intelligence services, that this had nothing to do with it. The terrorists were opposed to our freedom, our parliamentary democracy etc etc. How many times do we have to be insulted with this nonsense? Naturally, some feel entitled to appropriate the outrage and grief to browbeat anyone who says otherwise: following Galloway's speech in parliament yesterday, Adam Ingram accused him of having dipped his poisonous tongue in blood: a turn of phrase worthy of Galloway himself, if it weren't deployed by a despicable warmonger with the blood of 100,000 people dripping from his tongue.

※原文にリンクがいろいろありますので,原文をご参照ください。

最後,ロンドンで更新されている日本語のウェブログ:
Not a new England (ヒナキさん)
7月7日の細かい更新……非常に生々しい。最初は電気系統のトラブルという可能性が取り沙汰されていたのですね。7月8日も細かい更新……タブロイドの表紙,ケン・リヴィングストン声明の和訳,など。
posted by nofrills at 00:35| todays_news_from_uk/07july2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。