2004年09月04日

「地の果て」

購読しているメールマガジン『チェチェンニュース』の9月2日号で,筆者の大富亮さんは,ここしばらく日本の新聞に掲載されている「いつになくたくさんの記事」を切り抜いて読んで,このように述べている:
……それらを読むと、まるで地の果ての野蛮な国チェチェンが、ロシアの言うことに従わないばかりか、文明を踏みにじるためにテロを続けている、そんな印象を受ける。
_
 「地の果ての野蛮な国」では、まるでかつての「蝦夷」か何かのようだが、そうなるのは、とても簡単な理由がある。書き手が取材せず、また聞きの情報しかないから「地の果て」になってしまい、片方の暴力だけを報道するから、「野蛮」になるのだ。……
_
http://chechennews.org/


「片方の暴力だけ」。これはまさに,しばらく前までの私の,北アイルランドのカトリック系過激派についての認識を決めていたものだ。

それしか知らなければ,それがすべてになる。それが「片方」(あるいは「一部」)であるということにすら気付かない。過去においてイングランドで起きたIRAによる「テロ」のいくつかは,日本でも報道されていた。

私は当時それについてほとんど関心がなかったから,大富さんのように熱心に記事を集めてたわけではないし,私の読んでいた新聞記事がどのソースからもたらされた情報を元にしているのかなんて考えてみたこともなかったが,私にとってIRAは「地の果て」から来る“過激な人々”だったかもしれない。メルマガを見てそんなことを考えた。

けれども,その「地の果て」,すなわち北アイルランドにおいて,「テロ」という「野蛮」をしているのはIRAだけではないということは,うっすらと知ってはいたはずなのだ。そうだとしても,「いずれにしても,“どっちもどっち”で暴力ばかりを繰り返してるしょーもない人々」だとどこかで思ってただろう。

いや,実際,考えたこともなかったんだから,その当時どう思ってたかを今思い出すことは不可能だ。ここで何を書いても不正確になる。

でも何かニュースがあれば「またか」と思い,英国への興味という点でつながってる友人たちとは「IRAは困ったもんだよね〜」と話をして終わってたことは事実だ。(友人たちの中にスコットランドとかアイルランドに特別の関心のある人がいれば,話は違っていたかもしれない。)

現在,私はこのときの自分の視野狭窄を反省している。

かつて,IRA,いやむしろ北アイルランドについて私が知っていたことは,↓の記事に書かれていることの,ほんの一部だ。
The IRA campaigns in England
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/1201738.stm

IRAのbombing campaignについてまとめられたこの記事のさらに一部が,かつて私が北アイルランドについて知っていたことのほとんどであった(観光情報などは別として)。極端な話,当時の私にとっては,「北アイルランド,即ち,IRAの爆弾テロ」だった。

私がイングランドにいたとき,IRAはよく何かをしていた。私の受け止め方としては,「IRAが〜した」,あるいは「IRAが〜したので交通機関がストップしている。困った/腹立つ」などで終わっていた。

「なぜIRAは〜するのか」をちゃんと考えたことは,多分ない。教科書的に,「カトリックとプロテスタントが対立し云々」は知っていたけれど,それがどういうことなのかを考えたことは,なかった。考えもしなかったから,知ろうともしてなかった。

まさに「地の果て」だった。

私がイングランドにいたとき,「IRAとは何か」について,誰とも話した記憶はない。周囲が特に政治的な人々ではなかったからかもしれない(それでもニュース映像のメイジャーにブーイングをしては「保守党がいかに腐っているか」を語る程度には政治的だった)。誰も語らないほどにセンシティヴな話題だったのかもしれない。(知り合いの中にはアイリッシュの血を引く人もいた。彼はそのことについて話さなかった。同様にジューイッシュの人もジューイッシュであることについては話さなかった。)

あるいはイングランドにおいては,IRAは説明などされる必要のない何かだったのかもしれない。でも外人である私は「IRAとは何か」を知らない。知らずに,イングランドのメディアでの説明(つまり“敵対者”による説明)ばかり見聞きして,それを元にイメージを固めていたのだ。

そこが自分にとって「地の果て」なのはなぜか。人々が自分の知らない言語を使っているからか。学校の世界史にも出てこなかったからか。その場所のことを自分が何も知らないからか。

その場所が,常に「テロ」と関連してメディアに出てくるからか。
posted by nofrills at 10:02| i_dont_think_i_am_a_pacifist/words_at_war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。